わいん食堂 かごや10 taroは、伊予小松駅前にあるお洒落なレストラン

奥さんがテレビで女子力高そうなレストランを観たと言うので、伊予小松駅までドライブがてらで来ています。

国道11号線から伊予小松駅に入ると、左にはあの名店MARUBUN。松山に幾つかある店舗にはよく行くのですが、ここがその発祥かと思うと感慨深い雰囲気のあるお店です。

本日の目的地はその対面。右上の写真の看板があるところを右に入っていくと、

細い路地が有り、お目当てのカゴヤ10taroが現れます。

駐車場は、駅を正面に見て、先程のMARUBUNの角を左に曲がってしばらく行ったところの、JAが有った場所。ちょっと判りにくいので、よく予習しておいてください。

入るとすぐに、目を奪われる美味しそうな惣菜が陳列しています。

ランチのシステムは、

主食は、白米か16穀米を選択

・このショーケースに入っている副菜から3種類選択。待っている時間に実際のものを見ながら選んで先に伝えておくことも出来るので、それがオススメ。

主菜は、席についてメニューを見て決めましょう。オレンジのラインが引いてあるのが、その日のお勧めで時間もかからないそうです。なので、私たちは、その2つにしました。

わいん食堂の名の通り、階段や店内には空き瓶がズラリ。

「こんな店が松山にあったら、頻繁に通うよね」って言いながら、席に着きます。

奥の小上がり個室からは子供たちの楽しい笑い声が聞こえてきます。ここなら安心してママ会出来ますね。

奥さんのメインは、鶏のから揚げ。手作りのタルタルソースがたっぷり掛かっていて、外はカリカリ、中はジューシー。ボリュームも十二分。

私のメインは、ふわとろのハンバーグ。甘めのデミグラスソースをしっかり絡めて頬ばると、幸せエキスが口腔内を占拠します。味噌汁はトッピングが選択できるので、ラー油のお揚げを頼んでみたのですが、これありです。家の味噌汁にも時々ラー油入れるようになりました。

副菜はどれも丁寧で優しい味。

ランチ再訪もありですが、夜にここの料理でワイン飲みたいなあと、松山からのJRの時刻表を見ましたがちょっと遠い。

だれか運転してくれんかなあ。

ここに歩いてこれる人は、羨ましかとです。