中華そば 八平:松山から奥道後を超えて今治に向かう317号線にある、昔風おしゃれ中華そば

道後から今治に抜ける山を越えた辺りに、新しい中華そば屋さんができたとのことで、休日に車で向かいます。真新しい木造の平屋の前には、十分な駐車スペースがあり、土曜日昼でしたが、ほぼ8割ほど埋まっています。

ラーメンのてぼを使ったオブジェはフォトジェニックなので、みんな写真撮っています。

メニューは、基本中華そばのみ。デフォルトの普通と、具が多い特製のどちらかを選択するのと、麺を細麺と平打ち麺で選択できます。上記二つは、どちらも特製中華そばで、真ん中が平打ち麺、右が細麺です。

出汁は甘めであっさり。黒いですが塩辛くは感じません。平打ち麺はパスタみたいな波打つ食感とつるっとした舌触り。細麺は、中太麺くらいで、モッチリと食べ応えがあります。大き目なおにぎりを美味しそうに食べておられたので、よっぽど悩んだのですが、この後今治に行くので我慢。

あまり食べたことのないタイプでしたが、どこか地元に原点となるお店があるのでしょうか?かしわ天も気になりながら、次に向かうのです。

PS:最近、写ルンですが復権していると聞いて、最初の二枚はそれで撮りました。プリントはせずデーターをCDに焼いてもらうのですが、1週間近く待ちました。外の写真は明るいので、上記レベルの仕上がりになるのですが、食べ物の写真は真っ暗で、使い物になりませんでしたが、参考のために下に貼っておきます。上のデジカメの写真と比べると、この30年の進化を再確認しますが、写ルンですしか撮れない世界があるような気もします。実は、もう一個買ったので、次はフラッシュを上手に使いながら、レトロモダンな写真に挑戦しようと、リベンジを誓っているところなのです。

photo by 写ルンです