欧風料理Chez Tachibanaは、北条の海が見える素敵なレストラン

今日は足を伸ばして、北条のシェ タチバナに来ています。

前から来たかったのですが、予約が一杯だったりタイミングが合わなかったりで、やっとの訪問。

窓際の席からは、鹿島や瀬戸内海が一望できて、まさに絶景。店内もシンプルで清潔感があり、素敵な絵画が飾ってあります。

小さいボトルのスパークリングを頂きながらの開演です。

前菜

コールドローストビーフは、しっかりした赤み肉にピリ辛ソースのアクセント。パテドカンパーニュは上品なコク。よりエビとしらすのマリネは、金柑の皮で香りつけされています。

牡蠣のムニエル バルサミコ風味は、表面はよく焼きで、中はふんわり。一個そのまま口に運ぶと、閉じ込められたジューシーな牡蠣エキスが口腔内に拡散し、加熱されたバルサミコの香しさが鼻腔に抜けていきます。

前菜の美味しさに一気に期待が高まり、赤ワインを一本お願いします。

高原豚のフリカデレ(ドイツ風ハンバーグ)は、小さく可愛らしいのですが、うまみが凝縮しています。ほのかに甘く上品な大根のスープには、もち麦が沈んでおり、食感のバリエーションもいい感じ。

鯛のムニエルには二種のソースが掛かっています。ふんわりとした焼き上がり。

ライチのソルベで、スッキリとお口直しをしましょう。

牛ヒレ肉のグリル

カフェド パリ風との説明ですが、ぐぐってみるとバターをメインとして様々な香辛料やハーブなどの仕上げたソースのこと。

肉は程よい柔らかさで、ソースをしっかり絡めながらいただきます。フレンチの醍醐味はソースと素材のマリアージュだということを、改めて実感させていただきます。

ネギやパプリカなどの野菜も丁寧に仕上げられており、目も喜ばせていただくのです。

デザート

クリームブリュレは上品な甘さ、チーズケーキバニラのアイスクリームとオーセンティックなラインナップで、ちょっとづつ楽しめます。

どれをとってもとっても美味しい評判通りの味で、感激。これを最高の景色を眺めながらいただけるなんて、贅沢感大満喫のひとときなのです。