金龍園は本町6丁目にある完全禁煙の焼肉屋さん

家族で出かけるときは、可能な限り禁煙の店を選んでいます。

フレンチやイタリアンで禁煙の店を探すのは簡単なのですが、焼肉となるとなかなか見つかりません。

金龍園は、本町の消防署を西に向かい、城西自動車学校に行く途中の左側に、派手な看板で現れます。焼肉なのに禁煙というありがたい条件なので、万を持しての突入です。

店内は明るく、こんな感じのテーブルがずらりと並んでいます。テーブルごとにフード付きの換気扇が備わっています。

まずは、定番のタン塩から。

厚めでしっかりの塩コショウ。じっくりと焼き上げてレモンでサクサクといただきます。

左から、バラ、ハツ、ホルモン、レバー

新鮮な肉にお店自家製のタレがまぶしてあり、ご飯が欲しくなる旨味。

百歳酒は、2007年にソウルに行った時にガイドさんに勧めてもらった韓国のお酒。色んな薬草が入っていてアルコール度数も低めで体にいいので100才まで生きられるというものですが、韓国では強い焼酎で半分に割って、50歳酒と呼んで飲んだ記憶があります。

今回は普通にこのまま飲みましたが、ちょっと漢方薬みたいな癖はありますが、味のしっかりした焼き肉にはぴったりです。

じゅうじゅう、ぱくぱく、うまうま!

あったら絶対頼んでしまう豚足

石手川公園のあんの豚足は冷たいまま食べるのが特徴でしたが、こちらは温めてあります。甘辛のタレを付けて、骨からゼラチン質を齧りとる快感に浸ります。

スンドゥブチゲ

グツグツと熱い状態で到着しますが、豆腐と混ぜるとちょうどいい温度に。舌も喜び体が心から温まる必須アイテムですね。

ハラミ

最初メニューを見た時、「ハラミ」の表記が見つからなかったので残念に思っていたのですが、よく見ると焼肉(牛のはらみ。。)と小さい字で書いてあります。

いつもはハラミメインなので早速追加。あっさりした肉にタレのコクが染み込んでいて肉汁も豊富。

禁煙で、焼肉以外のメニューも充実した韓国料理屋さんの側面のあり、大満足。

次はハラミメインで攻めるつもりなのです。