高島屋の四川飯店で、久々に辛い麻婆豆腐で大汗をかく

2017年7月から始めた糖質制限ですが、継続するのに一番頭を悩ますのが外食。

サラダバーがあるところは、道後や市内のホテルのバイキングや、郊外のランチブッフェなどに限られるので、徐々に同じパターンに嵌ってしまいます。

定食屋でランチを頼んで、ご飯半分・(可能なら)野菜増量をお願いしますが、こちらも同じ店のローテーションになってしまいます。

四川飯店は、いよてつ高島屋8階にある全国チェーンの中華料理屋さん。

最近、何を血迷ってか、ぼほ0から中国語の勉強を始めました。形から入るタイプなので、中華料理を食べたくなります。メニューを上手に選べば、糖質制限で行けると判断しての突入です。

久しぶりに行きましたが、景色がいいのが最高ですね。

バンバンジーは、鶏肉なので基本低糖質。タレは甘いのでできるだけ外していただきます。

チンゲン菜の塩味炒めは、まさに野菜たっぷり。プロの技で一気に炒めあげてあるので、歯ごたえもシャッキリしていて、熱々でいただきます。

本場四川の激辛マーボー豆腐

以前食べたときは、小さな陶器の器に入っていて、下から火で温めながら頂いた記憶がありますが、今回は丼一杯くらいの量が鉄鍋に入れられて、熱々で登場します。

辛さは予想範囲を少し超えるくらいなのですが、ラー油が熱せられてアツアツなので、なかなかスプーンが進みません。取り皿に移して、フーフーしながら攻略しますが、最初の一口で頭から滝汗が噴出します。

辛いのが苦手の奥さんは最初から手伝う気が無いし、ここで白米を貰って味を薄めたら糖質制限にならないので、15分位かけて気合で完食します。

砂糖も入っているでしょうから糖質を控えられたかどうかわかりませんが、翌日の体重が増えてなかったので、これからも有りの選択肢。

PS: いつものように、これを書きながら顔から汗が吹き出しています。パブロフの犬現象を人間で証明しているのです。