11月に風邪気味で北海道に行ったら、楽しかったけど大変だった話:伊勢鮨編

明けましておめでとうございます。

元旦に11月の記事をあげている遅筆の私ですが、今年ものんびりとお付き合いのほどよろしくおねがいします。

さて、北海道旅行の最終記事です。

ニッカ余市蒸溜所でウイスキーを飲み、一瞬体の芯から温まったのですが、一向に体調は上向きにならず、ホテルに帰って大量に水分を補給しながら温泉にゆっくり浸ります。

夕方には少し調子も良くなったので、小樽二日目最後の夜の晩餐に向かいます。

伊勢鮨は小樽で有名な鮨屋の一つで、ミシュランの星を一つ持っています。カウンターは2つあるそうで、今回はお弟子さんのされているカウンターに通されます。

今日は一品料理は頼まず、鮨だけのコース。

さあ、開演です。

そいは、カサゴに似た北の魚ということは知っていましたが、初対面。食感はカサゴやメバルのようにしっかりしていますが、寒い地方なので脂の乗りが違います。

サクラマスは、本来、川に住んでいるヤマメが、海に出て海水順応したもので、こちらも初めて。サーモンよりあっさりしており、柔らかな食感で味の切れもいいです。

マグロずけは、山わさびで。

程よい酸味と、わさびの辛味がいいバランス。

中とろは二枚重ねで、身が解けるように舌の上で溶けながら、シャリと混じり合う官能。

ニシンは、脂が乗っており、柚子胡椒が全体をキュッと引き締めます。

シメサバ も、旨味が深く、口の中で溶けていく柔らかさです。

職人さんは仕事しながら手を止めずに話題も豊富。

愛媛から来たというと、スーパーフライとか村上水軍とか、次々と話題が出てきます。愛媛の人と結婚しているのかと思うくらい詳しいのですが、実は四国にさえ来られたことががないとのこと。カウンターで全国からのお客さんを相手する中で蓄えた知識とのことで、全国のすべての都道府県にこのレベルで詳しいのかと想像すると、驚きます。

ボタンエビも、本場の旬だけあり、濃厚でねっとり。

スルメイカは、塩とすだちで甘みを引き出しています。

ホタテ、つぶ貝もシンプルに塩。

ホッキは数秒だけ湯通して、旨味を引き出しています。

素材がいいので、良さを上手に引き出す方法を熟知。

職人さんの話題は、地方の話から、修行時代に一緒に仕事をしたことのある、酒で手の震えが止まる先輩職人の面白話に展開しています。

ズワイガニは、繊維が細かく、しっとりした食感から上品な旨味が溢れます。

いくらは、もう説明はいらないですね。

氷下魚(こまい)の卵は、粒が小さくてプチプチと楽しませてくれます。

バフンウニは、新鮮でふっくらしており、甘みと旨味が弾けだします。

赤海老と昆布の出汁でとった味噌汁で締めにかかります。

興奮のあまりピンぼけ失礼。

マグロの三升漬けの手巻きは、郷土料理の応用。

唐辛子、醤油、麹を一升づつ混ぜて作るのがその由来で、ピリ辛っとした刺激がたまらないのです。

さて、

お腹はほぼ一杯なのですが、二泊目最後の夜なので、北海道でラーメン他食べたいの希望を叶えます。

麻ほろは、自然派ラーメンで、私は風邪を吹き飛ばすために生姜ラーメンをチョイス。スープを飲み干し、五臓六腑に染み渡らせ、ホテルへ直行して温泉に入って布団を被ります。

子どもたちと奥さんは、海沿いの運河の倉庫街を利用した飲食店で、北海道地ビールを飲みにでかけます。風邪が治りきらず、不甲斐ない父の代わりに本懐を遂げようと最後のスパートです。

さてさて、

翌朝はレンタカーを返して、少し早めに新千歳空港へ。

噂に聞いていましたが、北海道中のうまいものと名産品が集まっており、数時間で把握できる規模ではありません。ラーメン街は行列だったので、

居酒屋に直行して、再び海鮮を注文。

空港のお店とは思えないレベルの高さが、さすが北海道と感激。

このようにして、思い残すのとこのない小樽二泊三日の旅を終えるのです。