3. CAFE garden placeは、三津にある広くておしゃれなカフェレストラン

松山西警察署の横にある、歴史ある建物。以前の店の名残のカラスが木の上の小屋からこちらを見ていますね。

店名は、3.CAFEの「3」には、

・三津浜の「三」
 ・太陽の「SUN」
 ・サードウェーブコーヒーの「3」

の意味があるそうです(HP)

この趣のある建物は、昭和3年に愛媛女子師範学校の卒業生が作った集いの場。平成も終わろうかという現在でも、お客さんの9割以上は女性。広いワンフロワーで、見える範囲で確認した限り、お店のスタッフは全員女性です。

決して男子禁制ではないのですが、奥さんとのランチでなければ、私おじさん一人では、目に見えない結界に阻まれ入店できなかったでしょう。店内に三人確認できた男性は、私を含めて全て女性と同伴でした。

ちょっと脱線しますが、私以外の二人の男性は、若いカップルでイケメン。足元も私のように運動靴ではなく革靴です。プライベートで革靴を履く男性は、彼女がいる説を勝手に唱えて、奥さんに力説します。

さて、

一日20食限定のランチが美味しいと聞いての突入です。

オーブン焼きの和おろしハンバーグ

糖質制限1年半にて、奥に写っているライスは半分にしてもらっています。

人生で食べたハンバーグの中で、「フワトロ」という表現が一番似合います。熱々の鉄板の上で、優しくナイフを入れると、断面から吹き出す肉汁。口の中にゆっくり運ぶと、解けるように溶けて、その汁が五臓六腑に染み込んで行きます!

これ、マジで旨い!

3. CAFEの季節のごはんプレート

女性の好きな、美味しいものを少しずつを具現化したプレート。

これだけ手間暇をかけてあるので、人気のはず。ランチタイムで、店の外で待っている人がいるのも頷けます。

チキン南蛮を一切れいただきましたが、外はカラッと中はふんわり蒸し焼き状態で、家庭的なタルタルがほっこりさせてくれます。

女性だけ、こんないい店でランチして、ズル〜〜イ!

また、奥さんに連れてきてもらわないといけない、美味しいお店なのです。