Cafe Jeux de Musique (カフェ ジュードムジーク)@伊予市で、満足ランチとSP盤を楽しむ

伊予市に素敵なお店があると伺い、ランチタイムに突入です。

お店の特徴は、

・元々、松山の街なかのレコード屋さんだったらしく、二階メインに大量のレコードとCDが販売されており、スタジオとしても借りることができる

・マフィンやワッフルなどのスイーツも有名

・コーヒーも自家焙煎で、豆も販売している

初回訪問ですが、こんな印象です。

ランチは、ポークとチキンでソースを選択できます。

早速注文して、待ち時間で二階のCDを物色。あまりにも量が多すぎて迷ってしまい、今回は購入には至りませんでしたが、ビートルズ好きなので、ちょっと心惹かれます。

さて、

左:ボークカツレツ バジリコソース 右:やわらかチキンカツ トマトチリ

奥さんのポークカツレツは、ノンオイル・ノンフライですが、量もたっぷりで、ソースもフレッシュでとても美味しいです。

私のチキンは、熱々の鉄板でジュージューと登場。名前通り柔らかく、こちらのソースもチリの辛味がアクセントで深い味わい。

糖質制限中なので、ご飯はかなり少なめにしてもらっていますが、メインだけでも充分量で、大満足です。

食後に頂いた自家焙煎のコーヒーがとても美味しかったので、自宅用にお店のオリジナルブレンドを購入。翌朝、ミルで挽いていただきましたが、香りもよく、いい買い物をしました。

レジで支払いをしていると、奥からシェフが出てこられたので、「このレコード、聞けるのですか?」と尋ねると、一曲かけてくれます。

SPレコードと呼ばれる昔の蓄音機で、右手のハンドルを結構しっかり長めに回して、準備完了。レコードは重ねてある中から、素手で無造作に取り出したので、ちょっとびっくり。このタイプのレコードはカイガラムシの樹脂でコーティングしてあるので、私が知っているLP盤とは違い、素手で触っても問題ないのこと。盤のほうが針より硬いので、針が消耗品だそうです。

全く電気を使わないこの箱から出る音♬は、なんとも言えないムードがありおしゃれで、一気に引き込まれます。片面3分ほどで丁度一曲聞かせていただき、お礼を言って店を出ます。

コーヒーの残り香とともに、レコードの音が耳に残り、あの蓄音機ほしいなあ。

あまり食べ物以外に欲が無いのですが、珍しく物欲が湧くほどの感激。

あの蓄音機、どこで売っていて、幾らくらいするのでしょうね?

PS: おじさんフードブロガーの糖質制限ライフも、1年2ヶ月に。instagram: ikechan_comで公開中です。