w/o stand 愛媛店が、銀天街に忽然と現れた

いつものように、週末に銀天街を散歩していると、思わず二度見してしまうお店が出来ています。

自動販売機のようだけど奥に人がいるし、ちょっと入り方もわからない感じで、一気に心引き寄せられます。

まさにインスタ映えを狙った珈琲店で、若者に混じり入店です。

w/o stand(ウィズアウトスタンド)は、神戸発祥で全国に6店舗を構えるチェーン店。

店内はコンクリート打ちっぱなしのワンフロアーで、とてもシンプルな造り。店の奥のカウンターでコーヒーを注文して、両サイドにある長椅子に掛けて待つスタイル。足元に等間隔にAC電源があるのは、スマホの充電をして下さいということでしょうから、シンプルですが細やかな心使いも感じます。

客層は若い女子中心で、受け取ったカップを上にかざしたりしながら、インスタ写真を撮っています。

床のw/oの”o”の丸の中にカップを置いて撮っているツワモノのいて、この世代のインスタ熱を肌で感じます。

このお店の特徴は、カップに付いている顔の絵が店舗ごとに違うこと。

私も若者に負けずに、インスタにアップしてみたりするのです。

さて、

夜は、帰省している娘が禁煙希望なので、今年はじめてのNotre

牡蠣のコンフィ、ふわっふわで火の通りが絶妙。

定番のチキンも、濃厚なバターとの絡みがいい感じ。

すっかりリラックスできた週末なのです。