「禁酒宣言」

禁酒宣言、することにした。

多少思うところがあって今回の宣言に至ったことは確かだが、正直なところ核心部分は結構いい加減な理由だったりする。

宣言の効力は今日から来年3月までとする。バイトでテイスティングする時だけを唯一の例外とし、それ以外の場ではジュースとする。(お、宣言ぽくなってきたね)


今回の禁酒宣言に至った理由を説明しよう。

⑴だいたいお酒に関してはある程度、楽しめたかなという実感が生まれたから。

飲んで楽しく肩組んだり、考え事したり、恋をしたり、お酒の味と料理をペアリングさせたり、歩いて帰ったり、陽気になったり、泣いたり、二日酔い、記憶がどこか飛んでいたり。

だいたいのことを一通りやらせてもらえたなと。たくさんのことをお酒から学び、やっぱりお酒が大好きなんだなと思った。でも一度お休みするのもいいかもしれないとも感じた。

⑵GACKTの教えを学んでみようかと

GACKTのことは尊敬しているわけでもないし、本や楽曲にも触れたことがないのだけれど、彼がプロフェッショナルであるために、自分を律するルールを決めているという話を聞いたことがあって。彼は歌手として成功するのは非常に難しいことだと知っていたため、自分の好きなもの、しかも1番好きなものを捨てることで節制しようとしたらしい。彼が最も好きだったのは「白米」だったわけで、それ以後現在に至るまで、死ぬほど好きで夢にまで見る白米を捨てたのだ。

毎日、ここに書くのも一種のルールなのだけど、自分のゆるゆるな生活を鑑みた時、まだ縛りが足りないなと痛感した。だから1番好きなお酒を断つことにした。

自分には、目の前の就活をどうにかしなきゃいけないとかはあるのだけれど、思えば人が描かないような目標、本屋を作る、ということがあったはずで、最近それを忘れかけていた。人が描かないような生き方を目指す限り、人と同じように好きなことをして笑っているだけでは、駄目なのかもしれないと思っていた。

いい機会だから、やめてみようと思う。

なにせ、毎日文章を書く上で、お酒は実のところ邪魔だったりもするし。

そんなわけで禁酒宣言。

てめえ、そこまでしてブログに書くネタに困ってるのか、そんな身を削らないと原稿をひねり出せないのか。

ご心配に及ばず。書きたいことは20個近く溜まってきているので、しばらくはなんとか書きたいことには困らなさそうです。ま、ちょっとブログにしたら面白いかなと思ったのは確かなんだけどね。

2017/6/29

One clap, two clap, three clap, forty?

By clapping more or less, you can signal to us which stories really stand out.