「和のパーソナルカラー」セミナー報告

先日、イマジネーションカラーズ二宮先生が主催する交流会にて、和のパーソナルカラーのセミナーを行いました。

雨の中、22名様がお越しくださいました!

関西では、和のパーソナルカラー診断士がまだ少ないので、洋の診断士が着物のアドバイスを求められる事もあると思います。

また、洋の診断を受け、着物に活用したい方にも参考になるように、以下のような内容でお話しいたしました。

・和のパーソナルカラーとは

・洋のパーソナルカラーとの違い

・洋のパーソナルカラーで着物の診断をする際の注意点

伝統色彩士協会について

和と洋、両方の資格を取得し、実践してみた経験を、実例を挙げてお話ししました。

洋と和のカラー診断例:冬タイプ
洋と和のカラー診断例:春タイプ

写真のように、冬タイプは似た色が比較的多いですが、春タイプは洋のドレープの色が鮮やかすぎて着物の色に使うには工夫が必要です。振袖や、現代風のPOPな着物を着るなら別ですが・・・。

和の色と洋の色比較

また、洋のドレープは綿ですが、和のドレープは草木染めの正絹です。

春タイプのカジュアルと冬タイプのフォーマル

上の写真は、参加者の皆さんでグループ毎に考えていただいたコーディネートの一部です。

診断士がお客様に着物のコーディネートを提案する際は、質感の違う洋のドレープだとイメージしにくいので、素材や模様を説明しながら、また、着物雑誌などの写真を見せながらが良いと思います。

もちろん、和のパーソナルカラー診断を受けてみたい方は、ぜひ、きものComfyへお越しくださいませ!


今回、二宮恵理子先生にこのような素晴らしい機会をいただき、また、伝統色彩士協会の吉田雪乃先生にはお忙しい中、内容について相談に乗っていただき、なんとかセミナーを終えることが出来ました!

本当に感謝いたします!!

ご参加いただいた皆様、拙い説明でしたが、熱心に聴いていただき、温かい感想のお言葉をありがとうございました!!!

二宮先生のブログにも、セミナーの様子を書いてくださっています。ぜひご覧ください!