エゾリスの双子の赤ちゃんが産まれました!!

5月下旬からエゾリスの巣からカタカタ、コトコトと、可愛らしい足音が聞こえてくるようになり、そして6月になるとだいぶ活発に巣の周りを走り回るようになりました。

そして朝、登園時間には屋根の隙間から顔を出してくれるようになり、子ども達も毎朝リスの赤ちゃんを眺めてから入室するようになりました。散歩に行くと去年の秋に落ちたクルミや栗を見つけてリスの家族のために広い集めたりしています。リスの赤ちゃん達はとっても人懐っこくて、なんと看板の上にチョコンと座って毛繕いやウトウトしたり…子どもがすぐ近くを通っても逃げません。子ども達もリスを見つけてたら、追いかけたり大きな声を出すことなく、驚かせないようにしています。リスの双子ちゃんたちも、すっかりこどもの園の一員になっています。

担任談

※この投稿はいずみの学校オフィシャルサイトに2016年6月24日に掲載されたものを再掲載したものです。