いずみ祭

10月7日土曜日に学校のお祭り「いずみ祭」が開催されました。
今回は、その時の様子をご紹介いたします。

体育館で行われたオープニングセレモニーでは、毎年恒例の8年生による和太鼓の力強い演奏が披露され、華々しく開幕を飾りました。

セレモニーが終わると、さあ様々なプログラムの開始です。体育館では、食べ物や飲み物のお店、有機無農薬栽培された野菜や果物のお店、リサイクル品や手作り品のお店が並んでいます。お祭りのテーマ「世界〜国境を越えて」に合わせ思い思いの仮装をした学校の子どもたちや親や先生、それにお客様が、あちらこちらへと歩き出します。

いずみ祭では、小さい子どもたちはお金の代わりに「星チップ」を使って、お父さんお母さんと一緒にお買い物をします。

校舎の外の広場では、毎年恒例、手作り窯で焼いたピザを食べることができます。

高校生と親が協力してのお店です。いつも大好評ですが、今年は、いつもいずみの学校を応援して下さる十勝の方からのご寄付で、オーガニック道産小麦を使った格別なピザとなりました。

次は校舎の催し物のご紹介です。

校舎では、体験メニューとして「オイリュトミー体験」「みつろうろうそく作り体験」がありました。特に毎年人気が高いろうそく作りは、今年もあっという間に予約でいっぱいになりました。参加した人たちには、自分で作った少し甘い香りのする出来たてのろうそくを大切にお持ち帰りいただきました。

他に出し物としては、お化け屋敷やお話の部屋、人形劇、4年生の劇、ハンバーガー屋さんや、高等部のカフェ。赤ちゃん&キッズカフェ。3階の教室では、音楽同好会のバンド演奏や映画同好会の上映会が行われました。

お祭りの最後には、恒例の「ケーキウォーク」が行われ、小さい子から大人まで、星チップ一個を握りしめて輪の中へ。音楽に合わせて、いろいろなマークが描かれたパネルの上を一つづつ進みます。音楽が鳴り終わった時に立っていたマークが抽選で選ばれたら大当たり!ケーキ1ホールをgetです。

最後のお楽しみを終えて、みんなでハイポーズ!

今年もたくさんの皆様にご来場いただき、大盛況のうちに終えることができました。ありがとうございました。

来年もまた、ご来場お待ちしています。