才能とは?(What is talent?)

才能は持って生まれたもの?

お久しぶりです。

アメリカ大統領選挙面白かったですね!

アメリカの大統領の選挙について
こんなにドキドキして見たのははじめてでした。

嫌われ者対決などと言われてもいたみたいですが、
嫌われ者が大統領になれる国っていうのもアメリカはすごい国ですね!!

それに、今まで政治経験のなかった人がいきなり大統領になれる。
そこがアメリカの最もすごいとこだと思いますね。

日本だと議員経験の無い人は
いきなり首相になるのは難しいでしょうね。

大統領になったドナルド・トランプさんは、
マーケティングの天才ともいわれていて
あの激しい口調や言動は、あくまでもマーケティング戦略であるとも言われています。

大統領になった後のテレビでのインタビューなどでも
けっこう紳士的な感じでしたね。

アメリカの大統領になるような人はやっぱりすごい人なんですね。
【才能】があるんですね~!!

【才能】と言えば・・

・あの人は【才能】があるから何でもできるな~とか。
・やっぱり芸術家の子は【才能】あるから絵が上手いんやとか。
・お医者さんの子供はお父さんが賢いから賢いんやとか。勉強の【才能】があるとか。

・子どもに「俺があほやからお前もあほなんやな!!」とか
 (あ!これは【才能】ではありませんね。)

言いがちではありませんか。

では【才能】とはいったい何なんでしょうか。

【才能】とは持って生まれたもの
生まれながらにして身についているもの

と考えがちですよね。

では生まれながらにして持っているものということは、
遺伝子に組み込まれているものなんでしょうか。

遺伝子に組み込まれていたら先が見えてしまって
何もやる気がしない人が街にあふれてしまいませんかね。

私も3月に、子供服の店舗を閉店してしまったので、

うちの娘もお父さんがお店をたたんでしまったから
自分もこれから上手くいくはずもない。

失敗する遺伝子を生まれながらにして持っているから!!
なんて絶望してしまうかもしれませんね。

でも現実的にはそんなことにはありませんし、
普通のサラリーマンの子供が俳優になったり、
経営者になって成功したなんて話はよく耳にしますよね。

世の中で天才と言われる人たちはこう言っています。

アメリカ合衆国の元バスケットボール選手
マイケルジョーダン選手は

Everybody has talent, but ability takes hard work.
誰もが才能を持っている。でも、能力を得るには努力が必要だ
またアメリカの発明王であるエジソンは
Genius is 1% of inspiration, and 99% of perspiration.
天才とは、1%のひらめきと99%の努力である
またまた現在マイアミ・マーリンズで活躍している
イチローは

努力せずに 何かできるようになる人のことを
「天才」というのなら、僕はそうじゃない。
努力した結果、何かができるようになる人のことを
「天才」というのなら、僕はそうだと思う。
人が僕のことを、努力もせずに打てるんだと思うなら、
それは間違いです。

天才と言われる人たちの言葉を見てみても【才能】とは持って生まれてきたものではなく。
生まれた後の努力によって得られるものという感じですよね。

ではその努力は【才能】がある天才だからできるんでしょうか。

そんなことは無いですよね。
努力は人それぞれだと思いますが、誰でも出来るものだと思います。

では
【才能】がある人とそうでない人は何が違うんでしょう。

みんな努力はしてますよね。
でも才能がある人とは差が開いてしまいます。

何が違ったんでしょう。

努力はしてる。遺伝子には組み込まれていない、
それ以外に差がつくものというと・・・

その努力してる過程が違う。
そうその過程が【学び方】なんです。

その【学び方】に差があるので差がでてしまう。

その【学び方】を変えれば才能が手に入るかもしれません。
その【良い学び方】をtoiee Labがみなさんに体験していただける講座にしました。

toiee Labの「すごい学び方」についてはコチラをご覧ください。

【学習力は誰でも伸びる!?「すごい学び方ワークショップ 90分」】

この講座を受けると今までと同じだけ学んでもドンドンと吸収できるように
なるかもしれません。

そして【才能】が手に入るかもしれません。

少なくとも今後のあなたの【学び方】が変わり、
【才能】が手に入るお手伝いができると私たちは考えています。

あなたも「すごい学び方」体験してみませんか。

その学び方について体験していただく場を作りました。

といてら大阪が開催する。
【学習力は誰でも伸びる!?「すごい学び方ワークショップ 90分」】

One clap, two clap, three clap, forty?

By clapping more or less, you can signal to us which stories really stand out.