ともに学び、ともに成長する場を作りたい。

大阪の吹田で17年間、子ども服のショップを営業していましたが2015年に店舗を閉店しました。

商売をしている頃から事業をする仲間が集まって経営やマーケティングについて勉強したり、

イベントやプロジェクトを立ち上げたりする仲間が集まる場所を作りたいなと考えていました。

・取引先の社長が開催する株の勉強に参加したり
・社会人が集まる異業種交流会を開催してみたり
・商工会議所にも入会しました。

しかし、何か少し違う?

閉店する。一年ほど前にtoiee Lab(といらぼ)という教育の研究機関と出会いました。

その研究機関では【人の学び方】について研究していました。その研究機関と出会い【人の学び方】について学んでいくうちに
自分はただ単に仲間で集まって、ワイワイとしたいだけではなく。
儲けるために商売をしたいのでもなく。

集まった仲間でともに学び、ともに成長していくそんな仲間や場所を作りたいんだと・・・と気づきました。

子ども服店を閉店しネットショップを運営しながらアルバイトをし、約2年間色々と考えてきました。

そして、ボチボチとですがその活動を始めることにしました。

【ビジネスをする人】、【子どもとパパママ】を【人の学び方】を通して応援していくことを始めます!!

【ビジネスをする人】への取り組

toiee Lab(といらぼ)と出会い。【人の学び方】の大切さと同じぐらい。マーケティングが大事だとということを実感させられています。
ビジネス、だけでなく学校や非営利団体であってもマーケティング活動をする。非営利団体であっても、アイデアやサービスを広く社会に受け入れられる為に、企業的な発想や戦略を導入することが重要なんだと‼️

マーケティング=製品を売る

というイメージがあると思いますが、【売り込む】のではなく、【売れていく】ようにするを目指していきます。

まずは商売をする人、農業の販路を拡大したい人、営業活動をする人などなどビジネスに取り組む人を対象にダイレクトマーケティングを実践していく会を立ち上げます。

ともに学びともに成長していく仲間を募集しています。

お問い合わせはこちらから
といてら吹田byパップマム ダイレクトマーケティング実践会

【子どもとパパママ】への取り組み

私は今まで、子ども服のショップを通して、自分なりに【子どもとパパママ】を応援する活動をしてきました。

WEST JAPANライダーズカップ、Kick Bike Japanというキックバイク(ストライダー)のレーシングチームが自主開催するレースに、レースのチャンピオンが着るチャンピオンTシャツを制作してプレゼントしてきました。

この活動では、自分たちで頑張っている人を応援するということで、キックバイクのレースを主催するレーシングチームを応援してきました。

この活動はかれこれ4年、17大会になりました。

今後は、【人の学び方】を通して、スポーツに取り組む【子どもとパパママ】、子育てをしている【パパママ】を応援していこうと考えています。

そして今、スポーツとの取り組みが始まろうとしています。

吹田市にある。たぶん日本一の部員数がいる少年野球チームと2017年3月から取り組みがスタートしようとしています。

まずは、toiee Lab(といらぼ)の【学び方を学ぶ】をコーチ、スタッフの方にワークショップを開催し体験していただき、子ども達の指導に役立てていただこうとしています。
体育会系バリバリのコーチ陣に【学び方を学ぶ】が気付いてもらえるかどうか。

私の腕の見せどころだな~と非常に緊張しかつ楽しみにしています。

今後、記事をどんどんアップしていきますのでお楽しみに!

スポーツに取り組んでおられる団体の方、あなたのチームに【学び方を学ぶ】を導入してみませんか。

新しい取り組みにチャレンジしていただけるチームの指導者の方を募集します。

お問い合わせはこちらから
といてら吹田byパップマム toiee式スポーツチャレンジの会

Show your support

Clapping shows how much you appreciated Hiroyuki Ookubo’s story.