学びには、不安が大敵

先日、半年ぶりぐらいにゴルフをやりました。

その間、クラブを振ったこともなかったのに、
 スコアは、まあまあ、自分の納得できるものでした。

いつもは、後半乱れて、ボロボロになってしまうのに、
 それがなく、ずーっと落ち着いて回れましたね。

何が変わったかというと、
 スイングや、スタンスそんな技術的なことではなく、
 意識の持ち方を変えただけでした。

それがうまくできたみたいです。

以前、某有名メーカーのゴルフクラブを開発している人から
 「ボールが飛んでいる、いいイメージだけを作って、振りなさい。
 そのイメージが残っている間に、さっと振ってしまいなさい」
 と言われました。

確かに、いいイメージができたときは、
 結構、イメージどおりの玉が出るときもありました。

しかし、
 微かにでも、本当にわずかでも、

欲や言葉が思考に介入すると、
 途端にとんでもない玉が出てしまいました。

本当に、微かに、飛ばしたいな〜
 ちゃんとなるかな〜

てなことが、頭をよぎると、
 うまくクラブが振れなくなります。

イメージができて、
 その球筋が頭に残っているうちにスイングが始められると、
 スーッとクラブが振れますね。

多くの人が、成功イメージっていうと、
 「うまく、綺麗な」スイングができている状態を
 イメージしていますよね。

私もそうでした。

しかし、それだと、
 「できていない自分」も一緒に心の隅に再現してしまっています。

もし、できているのなら、そんなことを意識もしないし、
 できているので考えもしないはずなんですね。

意識に、邪魔をさせない

イメージすることは、
 その自分がしたいと思っている状態のイメージではなく、

その先、

もうすでにできてしまった後のイメージを再現するといいみたいです。

「誇らしい」
 「気持ちいい」
 「楽しい」

そんな成功感覚を思い出します。

こんな感覚は、誰しも一度は経験しているはずですよね。

思い出してください、

小さい頃から、一度はあるはずです。

操縦も、そうなんですね。

操縦を言葉で考えると、その途端にできなくなってしまいます。

横風を受けての着陸の時

風上に機首を向けて横風に流されないようにして、
 滑走路に向けて、降下していきます

その風上に向けた機首の角度を
 接地の直前までに、滑走路の方向に直さなくてはいけません。

これができないと、飛行機の脚を壊したり、
 滑走路から、外れたりしてしまいます。

そんな着陸の直前に、操縦桿を風上にとって、
 ラダー(機首の方向を変える足で操作するペダル)を踏んでと考えると
 踏みすぎたり、傾けすぎたりして、
 うまく滑走路の中心に接地できません。

滑走路にトントンと、前輪が着くと、真ん中をスーッと
 滑走している。

そんなイメージをすると、

無意識が、勝手に、必要な量の操作をしてくれます。

この無意識に行うことを
 意識に邪魔させないことが大切なような気がします。

学ぶ時の意識の仕方

すごい学び方講座を何回か、受講し、また自分でも開催しています。

単に、みんなで、ワイワイと、100円ショップで買った、
 ボールを、パティーの時にかぶる三角帽子を逆さまに壁に貼って、
 その中に、投げ入れるということをするでけのものです。

みなさん、
 最初は投げるボールを持つ手
 投げ方、
 腕の振り方を意識します。
 なんか、腕が詰まったり、
 振りすぎたりと、
 意識が、邪魔してる感覚に気づきます。

次に、ボールが入るところに意識を持っていきます。

入らない、うまくいかないことに
 フラストレーションを感じ始めます。

次に、
 入った音や、角度のイメージを
 具体的に頭で想像します。

だいぶスムースな感覚で、
 意識が腕の振りを邪魔しない感じになってきます。

そのうちに、
 もっと先の未来、
 もう連続して入ってしまって、
 みんなから、すご〜いと言われている自分をイメージします。

そうなると、
 とてもスムースに腕が振れて、
 入らない自分をなんとも思わなくなります。

次、次、次と
 工夫を重ねながら、やれる自分を発見します。

学習って、こんな感覚なんだって感じます。

学習って、結局体が覚えていなければ、
 何もできていなと思います。

そのためには、
 結果の不安を感じないことが大切なのかなと。

不安を感じると、動きを邪魔してしまいます。

なんどやっても、いつまでやっても、
 うまくならないはずですよね。

恐怖や、不安が
 最も、学習を阻害するようです。

うまくできないかもしてないと思うと、

結果を目の当たりにしようとしませんよね。

結果を見る前に、言い訳を考えています。

「あー力が入った」
 「やっぱり」
 「腰が開いた」

こんなことを呟いています。
 「くそー」
 「いつもこうだよ」

できなかった〜〜、
 あーだめだ〜〜と
 なんで俺は、

なんてことに頭がいっぱいで、

次にやることにも頭が向かいませんよね。

そして、

あいつはうまいな〜〜〜
 と比較をして、

俺、これ苦手だからというラベルを貼って、
 そのことから遠ざかろうとします。

これが、物事がうまくいかない原因のような気がします。


Originally published at といてら渋谷.

Show your support

Clapping shows how much you appreciated k.ono’s story.