今日の話し合い

今日は。雛人形、五月人形屋の青木健明です。今週も、朝の同曜日の自称マイ寺子屋のテレビ会議みたいのに参加させてもらいました。

仕事柄いつまで、土曜日の朝に参加出来るか分かりませんが出来る限り参加したいと思ってます。

しかし、この話し合い不思議と何かを見出すのです。気付かせてくれるのです。人が学ぶには、考えを出してみて、行動して意見を言ってみて、振り返ってみて・・・。そんな繰り返しを経て、学んでいくのだそうです。

私も、日常の生活が目の前の仕事をさばくばかりに気が行ってしまい、もっと物事を深く考えてみたい。違う見方をしてみたい。そんな、落ち着いた時間を過ごしたい。そう、思うのですが中々時間を作れずにいる現状。

雛人形も徐々に売れ出し始めるであろうこの季節。自分の脳に自分の未来を見いだせていないと、未来への選択肢を閉ざしてしまいそうで不安ですよ。

今日もある参加者さんが、面白いものを出してきてくれました。皆さんもご存知ではないのでしょうか?興味を抱いたことは過去にございませんか?

速読法のフォトリーディング。

私も過去に数冊か?購入した覚えがあります。有料のセミナーにも興味があって参加を躊躇していた時期もございます。

そのフォトリーディングとは違った本の読み方の解説資料を話し合いの中で、一つお題として出してもらいました。

前日に紙一枚のペラを拝見はしていましたが、実際説明を聞きますと利に叶ってまして腑に落ちるのです。それに、学習理論が組み込まれているのです。

簡単にザーッと解説しますと・・・。

本を読む前に自分の脳にどんな情報を吸収させたいのか?どこの課題に意識を向けるのか?そして、その単語を意識させることにちょっとの時間を費やして、「その本からこれの情報を頂いてきますよ!的」に読む。だそうです(小田さん、適当に書いておりますので解釈違っていてもお許しを・・・)。(小田さんって、リンク先の画像で真ん中で笑っている人だよ!さあ、リンクはどこから飛んでんでしょうか?)

ふーん。良く学ぶプロセスを考えながら組み込まれているなあ〜。とか!
この話し合いの中で、どんな時にどんな問いをすると話が奥に行くのだろうか?とか!
だったら、亀田学広さんだったら、どんな問いをして深掘りするかなあ。とか!どんな横展開の拡げる問いするのかなあ。とか!

そんな感覚で早朝会議に参加しておりました。

会議の後、実際本を読んでみたりFILMシートを書いてまとめたりしてました。

そうしましたら、やはりもっと自分には違う生き方をしたい。と明確に思うことが見え隠れ・・・。

目の前の仕事に振り回されている自分と、行きたい方向が違う自分。

仕事が舞い込んでくるには来るのですが、本当に行きたい方向は明確に違うような気がするんです。この両方を実現していく手段を模索しないとですね。

数少ない週末の土曜日に自分の趣味を費やしていると鬼嫁に怒られますので、そろそろ帰宅しますね。

One clap, two clap, three clap, forty?

By clapping more or less, you can signal to us which stories really stand out.