アセナビメンバーによるブログ 「ASENAVI BLOG」、はじめます。

アセナビ代表の磯部です。今日からMediumで、ASENAVI BLOGをはじめます!今回は初投稿となります。この記事では、アセナビの説明とブログ開設の経緯、発信内容についてお伝えいたします!

そもそもアセナビって?

アセナビは「ASEANで働くを近くする」というコンセプトを掲げ、東南アジアで働かれている方々のインタビュー記事を中心に発信しているウェブメディアです。

ASEANには、たくさんの起業家をはじめ、現地採用で働く人、駐在員、インターン・留学生など、それぞれの想いを持って現地に飛び込み、日本とは違う文化・慣習の中でご活躍されている方が多くいらっしゃいます。アセナビでは、過去3年半に渡り、そういった方々に取材させていただき、日本人の若い人に向けて「ASEANで働く」選択肢を提示し続けてきました。取材させていただいた方々は200名以上に及びます。

インタビュー以外にも、旅・食・生活・文化・エンタメ・ビジネス・経済など、ASEANに興味を持ってもらうべく、幅広い情報を発信してきました。

メンバーのほとんどが学生で、東南アジアでの滞在経験がある人や、普通の人よりも強い興味を持っている人たちで構成されています。タイやインドネシア、ベトナムでインターンをしていたり、シンガポールやブルネイ、フィリピンで留学をしていたり、旅好きで東南アジア周遊をしていたり、家族の事情で現地の高校に通っていた経験があったりと、多様なバックグラウンドを持つメンバーが、ライターとして記事を書いてくれています。

なぜこのタイミングでブログをやるのか

定期的にメンバーでASEAN料理食べに行っています

上記の通り、アセナビには色々なメンバーが関わってくれていて、いまは20名ほど活動しています。しかし、メディアの性質上、表に出るのは「東南アジアで働く方々」なので、自分たちが表に出ることもあまりありません。そこで、自分たちが主人公となって発信する場所があれば、メンバーが前に出ることもできるし、単純に面白そうかなと思いました。

それに加えて、リモートで活動している団体なので、メンバーの近況やみんながどんな人なのかというところまで、メンバー同士が理解しきれないという問題がありました。けれど、同じブログで発信していれば同じ組織のメンバーのこと知ることができるし、それによってもっとアセナビのチーム力を高められやしないだろうかと思って、「じゃあブログだ!」と思いつきました。

どんなことを書いていくのか

とりあえず始めてみた感じが否めないので走りながら詰めていきますが、現状では「公序良俗に反しない限り、自由」としています。

ASEANに関することでもいいし、それ以外もむしろウェルカムで、日々のニュースから思うことや生きる上で大事にしていることなどの真面目系な内容から、旅行記とかここのお店がウマイ!とか、日記に近い内容もありかなと思ってます。

大事なのはみんなが関わり続けながら、楽しく文章を書いてもらいたいというところにあるので、ゆるくいきたいと思います。ですので、ウェブライティングっぽい「ターゲットは誰で、このキーワードの検索ボリュームはこれくらいだから…」みたいなところは度外視して(それを大事にするならMediumは使わない)、自由に発信していきます。

さいごに

メンバーにはちゃんと言ってませんが、自分の興味関心が「まちづくり」とか「エリアリノベーション」とかその辺にあって、リアルな場所を拠点として小さな経済圏を作っていくことがいまの大義だったりします。

だから、いまのアセナビというメディア・組織・媒体を、ひとつの「まち」に見立てて、オンライン上の共同体として体現できたら面白いなーと感じています。このブログでは、いわば「まちの回覧板」みたいなイメージで、みんなで回しながら情報共有をしていけたらと思っています。

・・・といった感じでかなり赤裸々に書いてみたところで、ASENAVI BLOGの初投稿はこの辺にします。ここでは「ASEANで働く」情報はあんまり発信しない気がするので、ぜひそこに興味を感じていただける方は「アセナビ」をご覧くださいね。

ありがとうございましたー!

One clap, two clap, three clap, forty?

By clapping more or less, you can signal to us which stories really stand out.