就職・転職活動している人必見!Kanbanスタイルで応募状況を整理できる「Huntr」が素敵

Trelloを使っている方も多いかもしれませんが、今回紹介するのは、就職・転職に特化したKanbanサービスです。

その名もHuntr。昨年の12月にローンチされていたようですが、昨日Product Huntで見て使ってみたところ、めちゃくちゃ良かったので、紹介してみようと思いました。

就職・転職活動をしていると、色々なサービスを駆使しながら、多くの会社を見ていくのが一般的だと思います。就活真っ最中のぼくは、

  • リクナビ
  • Wantedly
  • サポーターズ
  • Goodfind
  • Offerbox
  • その他、それぞれの会社の採用ページ

など、チャネルが分散しており、一元管理が出来ていないのが悩みでした。

もちろん、タスク管理アプリを駆使すれば問題ないと思うのですが、ネックとなっていたのは、ひとつひとつのURLをコピペしたり会社名を打ち込んだりするのがめんどうで…(特に志望度は低いけど、情報は追っておきたい、くらいの会社の場合など)。

結局、一部の会社しか情報を追わず「気がつけばESやエントリーの〆切が終わっていた..!」なんてことも。そんなめんどうくささから解放されれば、就活はもっとスムーズに出来る気がしていました。

そこで見つけたのが、Huntrです。

就職・転職活動版 Trello!

デモ画面

Kanbanサービスに慣れている人は、この画面を見ただけで使い方が一瞬でわかるはず。慣れていない人でも、10秒で理解できます。

画面上部にある「Wishlist」「Applied」などの項目は、現在の応募状況のことです。「受けたいと思っている企業」「エントリー済みの企業」というように、それぞれの段階を表しています。

そして、カラフルに表示されているカードが、受けたい・受けている企業です。段階が進んでいくに従って、ドラッグするだけで右に移動させることができます。

いわば、ポストイットがオンライン上に実現されているとイメージしたらわかりやすいですね。

受けたい企業の詳細画面

カードをクリックすると、詳細画面へ。TODO管理ができます。

地図の表示も可能

また、住所を打ち込むと、地図の表示もサービス内で完結。

Twitter、Pinterest、Airbnb、Redditが徒歩圏内にあります。恐るべしサンフランシスコ…!

Google mapsを開くまでも無く、訪問ができますね!

Chromeの拡張機能をつけるだけで、追加までのスピードが3倍アップ!

ここまでは、わりとイメージしやすい機能でしたが、ぼくが驚いたのはここからでした。Chromeの拡張機能を使って、企業のHPを閲覧しながらHuntrにカードを追加できるのです!

以下の動画がわかりやすいです。

簡単に説明すると、求人サイトや採用ページなどを閲覧しながら、右上の拡張機能のボタンを押すとオプションが表示されます。

右側の項目に、「会社名」や「職種」、「場所」や「詳細」を記入していきます。

ここですごかったのが、サイト上の文字をドラッグするだけで、埋めたい項目がすぐに記入されるのです!タイプしたり、コピペしたりする必要すらありません。楽すぎ!

URLは既に記入されているので、追加までが早い

そして、「ADD JOB」を押すだけ。ダッシュボードに戻れば、もう追加されています。

今後の改善が見込まれます。

かなり良いサービスなのですが、まだまだ未熟な部分もいくつかあります。

  • 企業を追加する際、外資の有名企業なら候補予測が表示されるが、日本企業だとまだまだ出ない(出たとしても文字化けすることも)。
  • 一度追加した企業の会社名の編集が出来ない。
  • アプリがない(これは切実なやつ)!
  • 応募ステータスの編集が出来ない(APLLIEDやOFFERはわかりやすいけど、PHONEの使い時がわからない)。
  • 他のサービスとの連携が無い(これをTodoistやSlack連携して、リマインドくれるようにできたら、最高)。

などなどありますが、無料で使えることですし、使いながら成長の過程を見ていくのも面白いかなあと思っていたりします。

就職・転職活動をしている方は、ぜひ一度使ってみてください!

Show your support

Clapping shows how much you appreciated Toshiya Isobe’s story.