知られざるフィリピンフード

アセナビでは月に一回ほど懇親会をやっています。その際に選ぶ店はもちろんASEAN加盟国の料理屋。タイ料理、ベトナム料理、インドネシア料理などなど。美味しいですよね。

しかし、懇親会をやる中で、アセナビメンバーの中でさえ「フィリピン料理って何?」「なんか微妙じゃない?」という声があり驚きました。

そこでやります。井上オススメ!フィリピン料理ベスト5!

1位 シシグ

豚肉のほほ肉を細かく切って鉄板で焼く!ご飯にもビールにも合うんです!

2位 アドボライス

豚肉を煮込んだものがアドボ。ごはんと一緒に炊いたアドボライスは絶品です!

3位 シニガン

フィリピンの伝統的な酸味の効いたスープ。この酸味は柑橘系なのでさわやか!

4位 ディヌグアン

牛もつを血で煮込んだ料理。ビーフシチューみたいで美味しいんです!!

第5位 ハロハロ

よく日本で見かけるものとは全く違います。ゼリーやフルーツ、豆、紫芋、アイス、色んな具材が混ざっています。「ハロ」とは「混ぜる」を意味するらしいです。

まだまだ続きます。上に挙げたものは割とレストランで食べるものが多いです。次は、学生がよく食べていたもので美味しいものを紹介します。

フィリピンの美味しいストリートフード、ベスト5!

1位 タホ

豆腐とタピオカに黒蜜をかけたスイーツ的な存在です!

2位 パンシット

焼きそば。カラマンシーをかけるとさらに美味しくなります!

3位 クェック・クェック

ウズラの卵のフライ。美味しすぎて食べすぎるとコレステロール値が高くなるので注意です。

4位 バロット

孵化する寸前の卵。ぐろいので加工しました。鶏肉とゆで卵を両方楽しめるような感覚です。

5位 イサウ

鶏や豚の腸を使った焼き鳥は格別に美味いです。ビールに合うんです!なぜか現地ではゲテモノとして扱われていますが。。。見つけた際は食べてみてください!

今では、語学学校や綺麗な海を求めてフィリピンに行く人が増えました。せっかく行くのであれば、ジョリビーだけでなく、こうしたフィリピン料理を楽しんではいかかがでしょうか。

Show your support

Clapping shows how much you appreciated Ryota Inoue’s story.