アメリカに為替手数料0円(TTM)で送金

<Link to English Version /英語版へ>

来月の米国移住に伴って、どうやったら日本円→米国ドルの送金が安くなるか実際に送って実験してみてる。

もともと、郵便局が2000円で送金してくれるので、メガバングと比べると安いのでここでいいや、と思ったのだが、実は為替手数料が、普通に1ドル1円とかで、さらに追加手数料の可能性もあるのに気づきやめた。あと窓口に行って書類書いたり待ったりマイナンバー見せたり、毎回毎回、結構時間かかる。

次に、Bitcoinで実験して、全てネットとスマホで完了し、手数料20円というすごいことになったのだが、BTC→USDの取引手数料0ドルだったCircleが取引所業務をやめてしまったため、取引手数料の高いCoinbase(1.49%)とかしかなくなり結構大変なのでいったんあきらめた。(安そうなGeminiで実験PENDING中。)

そして、この有名海外送金サイトをなめるように読み、今回ためしたのがTransferWiseである。一言でいうと

為替手数料ゼロ円、取引手数料は送金額の1%。 シンプル!

まあ、正直、Coinbaseと比べると手数料的には、劇的に下がるわけではないが、3分の2だし、途中の手間が少なくて楽だし送金完了まで早い、そうだ。

で、今回190,000円を送ってみた結果は、

仲値(TTM)レート USD/JPY :113.76 (2017年2月25日 10:40AM JST )
送金された米国ドル : 1,654.45
手数料 (円):1,881 (= $16.54*113.76) +楽天銀行→MUFJ振込の258円
米銀行入金:Union Bankで入金確認とれた時間 (2017年2月27日 6:40AM JST)

結局、トータルで申請から44時間後に着金したのだが、実は、日本TransferWiseのMUFJ銀行口座への入金時に 会員IDを送金者名にいれるのを自分が忘れたので、Transferwise側での入金確認が遅くなったとサポートから連絡があった。これを忘れなければ、もう少し早かったかも。

そして、安い理由は、途中に仲介銀行がいないってことですが、そこがDisrupt(既得権益やっつける)な感じで好きで応援したくなる。

郵便局からの送金も2,3日で結構早かった気もするが、これが1日だとすると手数料も安く手間もオンラインで手軽でよいね。

詳細は、transferwise のサイト(普通のリンク)見てね。

こっちのtransferwiseの紹介リンクから登録すると500GBP/600USD相当までの送金手数料が1回無料になり、私自分もついでに手数料安くなるので気が向いたらよろしく。