人か、事業か、やっぱり人か。

マネジメントというのは、人としっかり向き合うということなんだなあ、と今更感じている。この数年間を振り返ると、ほとんどの時間はコンテンツとサービス、事業しか見てこなかった。

社会人最初のマネジメント経験

この10年、チームを持ったり、会社の経営に関わったりしてきた。初めてオプトという会社でマネジメントの経験をした時は、メンバーの現在、そして将来設計までを気にかけてチームビルディングしたつもりだった。僕が最初に配置された部署のOJTや先輩のやり方を見て、本を読んで、吸収していった。広告の考え方や、チームビルディングなどを間近で見せてくれたKさんが上司だったことを僕はラッキーだと思う。

人より、事業

しかし、自分たちで会社をやるようになり、事業が出来上がっている中での「メンバーの会社での生き方」より「事業の育ち方」自体に興味が移ってきた。ハロという会社が10人を越えるくらいで、なんか居心地が悪くなってしまったり、めんどくさくなってしまったことがある。

一方、オモロキというチームでは、個々人が会社を持ちつつ、フラットにチーム運営しているのでストレスはない。通常の会社スタイルで、数十人以上のメンバーをマネジメントするというイメージはいまだに持てていないけれど、自立した個人が連携する、という思想は大好きだ。その中でも、世代交代をしていくために人は育っていくのだけども。

改めて、人。

2015年は、狩猟社という会社で多くのことを学んでいる。人にはいろんなタイプがいて、それぞれ生活している。経営者と社員は違う理屈で動くし、休日を大事にする人だっている。(もちろん休むための「休日」なのだ。)子育てに時間を使うというのも大切なこと。

いろんな人の存在を受け止めて、喜びや、悔しさを共有するということ。これができてこその、マネジメントというものなのだろうか。

だとしたら、いまのところ僕はまだ、プレイヤーとしての生き方のほうがしっくりきている。これからも仕事をしていく中で、興味は移り変わっていくのだろうけど。

「人」を見れる人って、すごいなあと思うのだ。世の中の一番ベースとなる仕組みは、人でできているのだから。そこへの興味が少しだけでてきた今日このごろです。

Boke-inu and Dr. Tireman by bokete
Like what you read? Give イセオサム a round of applause.

From a quick cheer to a standing ovation, clap to show how much you enjoyed this story.