エンタメを開拓する

エンターテインメントは、人々を楽しませる娯楽をいう。抽象的な意味をもつ言葉であるが、楽しみ、気分転換、気晴らし、遊び、息抜き、レジャーなどが類語となっており、エンターテインメントにはそういった意味合いを含む。

大人になるとどうしても、新たなジャンルのエンタメを開拓しづらくなってしまうように感じる。

それは自分の好きになりやすいエンタメの傾向がある程度わかったから、だったり、自分の好きなジャンルをいくらでも深堀できてしまうから、だったりするように思う。

でも自分が知らない中にも、興味を持てるものはあるんじゃないかなと、というかそうあってほしいと思っているところがある。

そこでここでは、できるだけジャンルが絞られないように(と言いつつ、偏りが出る気しかしないが)、いろんなエンタメを体験し、それをこちらで文字にしていきたいと思う。

こうやってブログを書くのも一つのエンタメではあるし、何事も捉え方次第ではエンタメになりそうだ。

One clap, two clap, three clap, forty?

By clapping more or less, you can signal to us which stories really stand out.