【能楽】「三人の会」の事前講義に伺った

6月に「三人の会」という能を見に行く予定。能の内容について、事前に出演者の方からご説明いただける無料講義があったので伺ってきた。

なお、三人の会出演者の川口晃平さんは、漫画家かわぐちかいじさんの息子さんとのこと。大学時代に能に興味を持たれ、この道に進まれた。

内容としては、当日行う演目とその決定理由、演目の物語のあらすじや一部実演、当日に用いる面や着物についての説明など。

能の歌は古文で、発声も特徴的なので、聞き取って理解するのは個人的には難しい。そのため、事前にこういった場でストーリーを説明してくれるのはありがたかった。

地謡(じうたい)という、複数人で合唱するシーンの実演が最も印象的だった。とても低い声で、そのためか口の開け方が縦に伸ばすような形で特徴的。(なお能に詳しい友人に聞いたところ「低い声は足で発声する」という教え方をしている師匠もいらっしゃるとのこと。)

皆前を向いているのでお互いは見えず、またそれほどリズミカルな歌でもないのに、発声のタイミングが合わさっていた。

講義に参加されていた方は9割程度が女性で年齢層は幅広く、残りの男性はお年を召された方が多かった印象。

2週間後が楽しみなり。

One clap, two clap, three clap, forty?

By clapping more or less, you can signal to us which stories really stand out.