オーナー鉄ちゃんの個性が光るゲストハウス!沖縄 来間島のホテルハイビスカス

今回の沖縄旅行は、前半宮古列島の島々、後半は慶良間諸島と那覇に滞在します。沖縄本島を含めて7つの島を巡ります。その中で初めて訪れる島は、宮古島と石垣島の中間に位置する多良間島だけです。

しかし、宿に関してはどうかというと、全部で8か所に泊まります。その中で、5件は初めての場所になります。僕は、1人で旅行することが多いので、ホテルや旅館には泊まりません。人との交流が望めないからです。

もっぱら、それまでひとり旅を散々経験して来て、旅行者の気持ちを知り尽くしたオーナーがやっているようなゲストハウスか民宿が好みです。

情報収集はもっぱらネットのHPや口コミサイト。あとは、宿で一緒になったゲストと話しているうちに、泊まってみたい宿を知ることもあります。

今回の沖縄滞在、最初の宿は、宮古島と橋でつながっている来間島の「ホテル・ハイビスカス」頭に「ホテル」と付いています。でも、部屋は、2段ベッド3つのドミトリーと個室で構成されています。ゲストハウスに分類できる宿ですね。

この宿は、大阪出身のオーナー、鉄ちゃんの個性が光っています。笑いを誘うトークと、場を盛り上げる気遣いもあり、リピーターも多そうな宿。

希望者には夕食が提供されます。僕が居た時は、ほとんど全員が希望しました。初めて会ったゲストたちは、夕食の時間を共に過ごした後は、あたかも昔からの友達でもあるかのように打ち解けていましたよ♪

バーカウンターやドミトリーの2段ベッドなどは手作り。洗面所の蛇口のコックは真鍮製で、動物のかたちを型どったお洒落なものでした♪

僕の大好きなハンモックも、居間の真ん中に吊るされていました。大学でアメフトをやっていたというゲストの青年と一緒に来間大橋を渡って、与那覇前浜ビーチまで歩いて行って戻って来たあと、心地よい昼寝をするのにはぴったりな場所になりました!

宮古島に来たら、また泊まってみたいゲストハウスの1つですね♪

One clap, two clap, three clap, forty?

By clapping more or less, you can signal to us which stories really stand out.