LGBTIQに関わる「性的『指向』」について

用語をまとめて、解釈してみた

前回のお知らせの通り、今回はLGBTIQ周りの用語について。と言っても、細かく書いていくとMediumの標準的な文章量には収まらないので、かいつまんで。

良く似た言葉に「性的嗜好」「性癖」などがありますが、今回の「性的指向」の「指向」は恋愛のベクトル(向き先)とお考えください。(恋愛的指向、とも表現されるとかで、こちらの方がより幅広い解説ページもあるようです。今後はこちらを使いましょうかね)


そもそも性的うんぬんの違いとは

お世話になってるWeblio先生(ソースはWikipediaでしたが)調べ。

  • 性的指向:性別としてどちらを恋愛もしくは性愛の対象とするか。性別のベクトル(向き先)のこと。
  • 性的嗜好:性的行動における好み。性的指向とは分けて考えられる。
  • 性癖:「性質の癖」。人間の心理・行動における癖のこと。「〜癖」と付く言葉がそれ。
  • 恋愛的指向:どちらの性別を恋愛の対象とするかの傾向。

こう考えると、まず実際のLGBTIQの人が直面するもの、また同性愛創作として描かれるのは恋愛的指向であることが言えます。異性愛者が想像しがちなのが、性的嗜好の方なんですね。

また、性癖なども意味が勘違いされていることも分かります。

本題:恋愛的指向

異性愛

異性に向かう恋愛指向のこと。通常、恋愛というとこれを指すことが多いので、ここでは割愛します。

同性愛

主にLGBTIQのL(女性の同性愛者)とG(男性の同性愛者)が持つ、同性に向かう恋愛指向を指します。先述の「恋愛的指向」の解説では「ホモロマンティック」(ここでいうホモ=「同じ」「同一の」の意味)と言うそうです。

両性愛

バイセクシュアル。男女両方を恋愛対象とすること。

多性愛

男女にとどまらず、その他の性的少数者も恋愛対象とすること。

全性愛

一言で言えば「何でもあり」。異性愛も性的少数者も愛すること。

無性愛

特に性的嗜好として、どの性別にも性的欲求を抱かないこと。(広義的には恋愛的指向として誰にも恋をしないことを含めた「無性愛」があるとのこと)

いかがでしょうか。もちろん用語はこれだけに留まりませんが、軽く調べただけでこれだけの用語が出てきました。

まずは、「正しく知る」ことで、理解を深めていきたいですね。