MONO - “Requiem For Hell”

MONO の 9th Album がリリースされた。彼らは日本人4人組のバンドで、世界各国のフェスに出演しライブ活動している。

日本ではフジロックにも何度か出演しており、私もそこで彼らの存在と、彼らの創る音楽に出会った。オーケストラを率いて、そこにシューゲイザーなギターノイズを融合させる楽曲が、彼らのオリジナリティだ。

私は、「音楽は表現」であり体験でもあると思っている。そして、良い音楽は何らかの形で人に影響を与えるとも思っている。

今回のアルバムは、タイトルにある “レクイエム” の通り、死と生、肉体と魂、希望と挫折、光と闇、そういった全てを楽曲から感じることができる。

このアルバムに限らないが、MONOが創る音楽は静かな空間でじっくりと聴くことで、音が身体に染み込むような感覚を覚える。

Apple Musicでも配信されているので、このストーリーを読んでくれた人は、ぜひじっくりと聴いてみてほしい。残響の中に光を感じることができるはずだから…。


ジャンル:Instrumental Rock

レーベル:Magniph/Hostess


5曲 46分

01. Death In Rebirth

02. Stellar

03. Requiem For Hell

04. Ely’s Heartbeat

05. The Last Scene

A single golf clap? Or a long standing ovation?

By clapping more or less, you can signal to us which stories really stand out.