テストMedium講座

初の緊張するMedium講座

先日、体外の知人二人に対しMediumの講座を開きました。

3時間の制約がありましたので、フォロー、いいね!レスポンス部分は、飛ばして時間内に無事終了。

参加者さんの目的意識が高い人、目的が明確な人ほど進行がうまくいくことを実感。

そして、かなり臨機応変に対応して細かなポイントはパスしまくり・・・。

大事な要点のパブリッシュ機能への理解、複数の記事や画像登録、パブリッシュ登録、そして、ナビのタグへの理解・実行・・・。

どのように参加者さんが何かを発見して、考えを構築、仮説、検証という学習プロセスのリズムをご自分で作れるか?

そんな視点で進めることが出来たような、出来なかったような・・・。

一人の方は、近日中に自分で時間を費やせれば、一気にサイト構築レベルまでは行けそうな手応えは私の方でありました。

そして、当日の私は、ハードな疲れは無かったのでしたが、夜は深〜い睡眠に陥ってしまったのも事実です。


反省点は、参加人数の錯覚。参加者の人数も、たった一人からでも出来ないことはないようですね。

発見が少ないかもしれない、気づいたことの発表の機会が少なく参加者同士の加速学習が少なめなのでしょうね。ですから、こちらサイドの講座の流れと気付いて持って帰ってもらうポイントの要素をなんとなく伝える。

確かに、toieeさんに参加していた時は私の脳が興奮状態で活性化していくのですが、それは熟練工がなせる技なのでしょうね。

ただただ、疑問符

ただただ、lftの皆さんに疑問があるのです。

物販をしている私が、情報を伝えてお金という対価を頂いて良いのであろうか?この感覚、価値観は正論なのであろうか?

Mediumの操作をちょこっと知ってしまいましたら、知っている人、知っていない人という格差だけでこのような体系が形成されて良いのであろうか?

こんな感覚、価値観の生き方に慣れていない自分。

ですが、こんな私もtoieeさんには、過去数年数多くの講座に身銭で参加させていただき、自ずと学びをしながら人生を歩ませてもらっておりますし、そこに私の成長という結果が伴っているのも事実ですよ。

今回、Mediumの使い方を徐々に解ってきてしまった私は、このようなことでお金という対価を頂いて良いのか?

もっと高い視点、高い目的をも提供していくスタンスの講座思考が必要なのでしょうか?皆さんのご意見待ってまーす。

One clap, two clap, three clap, forty?

By clapping more or less, you can signal to us which stories really stand out.