優しい文字の物語

言葉よりも劣ってる、文字の物語を綴ってみます。

文字は本当に優しい、ってことをさえずります。

優しいから、依存して、中毒のように、好きになった。だから、本は好きです。——良くある話です。


文字は言葉よりも劣ってます。

これが、大事なんです。

劣っているってことが大事なんです。

根拠を語ります。


まずは基本の確認から。

——そもそも、言葉とは。
人の発する音声のまとまりだそうです。
——じゃあ、文字って。
言語を視覚的に表す記号の体系、だそうです。

これが基本で。

誰でも知っているような単純なことです。


基本が終わったので、応用をしましょう。

僕の言葉で。僕自身をさえずります。

——文字って。
僕は言葉の代わりになる存在として、依存してます。

理由を語ります。

結論を言うと、逃げ出した結果だった。

だから、無様と笑うところだし、愚かだって見下すところなんだろう。

だから、と。

それでも依存する理由を語ります。

本来の意味で使われる〝言葉〟は、情報量が多すぎる。

音を人に伝えようとするとき、そのときの多くは直接人と逢ってなければならない。声が届く距離にいなければならない。——そのときに伝わる情報量はあまりにも多すぎる。

顔が見えたら、顔色を窺ってしまう。
声が聞こえたら声色を気にしてしまう。

受け止めてしまう、情報が多過ぎて溺れてしまいそうな気分。

つまり、僕は。

音の『言葉』は受け取れる情報量が多いからといって、もっと少ない情報量しか持ち合わせていない文字媒体の『言葉』を選んだ。依存した。好きになった。

それだけのことなんだ。

だから、と。

最後に優しい理由を語ろうと思う。


僕が文字を優しいと思う理由。

もう、語ってしまったようなモノだけど。

文字の方が『識らなくて済む』それだけのことなんだ。


——識らないってのは罪深いことだろうけど。

だから、どれだけ、キツいこと見つけても、きっと、言葉よりは傷付かない。言葉の方が傷付いてしまう。——そんな僕だから、人と話すのは苦手です。


——必死になってます。

だから、たくさん言葉を探して、見つけ出して、いっぱい、いっぱい、伝えたい。いろんな人に、文字で、伝えたい。傷付くのは一瞬だけど、嬉しくなれるのも一瞬で起きる出来事なんだよって——みんなにみんなに知って欲しいです。いろんな人に知って欲しいです。言葉よりは人を傷つけにくい、ってこと。


文字は、絶対に言葉よりも、伝わりにくい存在だから。

コミュニケーションツールとして見るなら、絶対に言葉の方が強いんです。言葉の方がたくさん伝わるんです。——たくさん伝わるってこと理解して欲しいです。

一度、言葉を使う前に自分で、それの価値は把握してますか?

簡単に言葉を扱っていませんか?

文字は、誰かに伝えるために——一拍間が空きます。

——手で描かなきゃならないのです。

——手で描いたら、自分で文字媒体として見ることが出来ます。

その手間が大事で。

その大事な作業を誰も彼もが文字を使うときには、自然とやっている。

だから、文字で人を傷つけてしまうことは、言葉よりもずっと少ない。


悪意を持って、言葉を使う人が少しでも減ったらいいなって。

悪意に繋がる言葉を使う人が、少しでも減ったらいいなって、思っています。

誰かを傷つける人が減ったら、いいなって、思ってます。

傷付いて、泣いちゃう人は、少なければ少ない方が良いと思うので。

そんな僕はちょっとばかり、泣き虫で弱虫過ぎるんだと思っていますが(苦笑


そんな僕だから、ずっと本が好きです。

文字媒体の世界で綴られた物語はとても優しくて、好きになってしまう。

Like what you read? Give f k@member a round of applause.

From a quick cheer to a standing ovation, clap to show how much you enjoyed this story.