オフ会中止したけど「風間さん応援オフ」in 六本木に参加した!

以前、こんなオフ会を企画しました。予定ではオフ会に参加&このブログ記事を書いている今日に開催する予定でした。

ですが、ものすごい勢いの拡散、そして激しいコメント合戦を眺めているうちに、僕の心はげっそりしていきました。

「ああしろこうしろ」「ノンアルコールの方が…」というコメントが乱立し、正直、具体的なオフ会の趣旨やイメージがつかめていなかったた僕にとってはかなり刺さりました。(あまりいい意味ではないです)

それ以降、オフ会関連の記事は見ないことにしていました。

しかし、6月12日当日になって僕がPickした記事にコメントが付いていました。「なんですか、これ」という感想でした。

元の記事をたどってみると、小野さんという方が「風間さん応援オフ」なるものを企画されているようでした。全く気付いていなかった…本当に申し訳ない。

開始時間は、13時から。

時既に遅し、気づいたのは14時半頃。

とりあえず、急いで連絡してみると、待っていただけるということで、すぐに現場へ向かうことにしました。ここら辺の前後は、テンパりすぎて記憶がないです。

その頃、矢沢さんからメンションが飛んできました。いつも、拡散やら応援ありがとうございます。ほぼ同タイミングで、僕がPickした記事にコメントをくれた加藤さんからも返信がありました。

矢沢さんカッコイイ!(みなさん、応援ありがとうございます。

16時ごろ目的地の六本木ヒルズ51階(なんかすごい景色が良くてお洒落な内装の店)に到着しました。

遅れて、挨拶。この時点で大幅に遅れているわけですが、主催の小野さんをはじめ、みなさん快く歓迎してくださいました。

大学生活さん
まれにゃんさん
haniuさん
情報弱者さん
阪井さん
宮本さん
小野さん

参加者の方は上記になります。

私が企画したイベントに申し込みを頂いてた「阪井さん」「まれにゃんさん」も来られていて、すごく嬉しかったです。正直、本当に申し訳ないことをしたなぁと思っていたのですが、お会いできてホッとしました。

会の流れや、細かな発言は割愛しますが、いくつか参考になった意見があったので個人の見解も交えつつ紹介します。

「参加もせず、会うこともせず説教するような奴は気にするな」

主催の小野さんからこのような言葉をいただいたのですが、すごく励みになりました。

自分の企画が拡散されて、説教じみたアドバイスに頭を悩まさせていました。同じようなコメントはNP上でも見受けられたのですが、面と向かって言われるとすごく勇気をもらえました。

参加者の皆さんもその話に頷かれていて、いい大人の方に出会えたなと感じました。やはり、実際に会うのと会わないのでは随分違います。

そして、もう一つ。

しょうもないコメントが増えるのはいいけど、価値ある人が潰されるのは悲しい

まれにゃんさんが言われていた言葉です。

僕の企画したイベントが拡散された時、最初は心の中で希望を感じていました。しかし「これは面白いことになってきたなぁ」と思っていた矢先に、コメントがどんどん溢れ、厳しいコメントも付き始めました。

説教じみた厳しいコメントに慣れていない僕は相当ビビりました。言い訳みたいになりますが、普通の高校生はそんなコメントに耐性ないです。

僕が価値ある人かはさておき、そのようなコメントがつくことによって何かを始めようとしていた人は、傷ついたり、悩んだりするかもしれません。

終いには、やめてしまうかもしれません。

今回、中止になったイベントは小野さんのオフ会開催によって、イベントそのものが完全に消滅することはありませんでした。ただ、もし小野さんがこのような会を開く事がなければ、僕がまたイベントを開催していたかは怪しいです。

是非、コメントには気をつけていただきたいです。特に若者はナイーブだと思います。(僕もそうですが)

応援してくださった方もたくさんいました。この素晴らしい出会いと企画に感謝して、応援してくださる方に向けて懲りずに、またオフ会を企画したいと思います。

その時は、どうぞよろしくお願いします。