中学生と高校生に「育休」を導入しよう

女性がどう生きるべきかという議論がさかんだ。仕事、結婚、子づくりをどうするか。しかし、もし、女性のタイムリミットは子供を作る年齢だけだとしたら。

そしてもう不用意に女性の生き方に口を出すと「セクハラ」だと言われる時代になった。例えば結婚するのか、子供をいつつくるのか、だ。

女性が働くのは当たり前になる時代、そして結婚しない幸せがある時代に、「子どもはどうするのか」だけが、女性に重くのしかかる。

こればかりは、現代の科学において、タイムリミットがある。概ね初産なら、40歳前後までだろう。ここに一番の問題がある。

大学を卒業してから仕事をし始めるのが多い現代においては、仕事がそこそこできるようになるのが30歳前後になる。そこですんなり結婚できればいいが、ようやく相手探しとなると、うまくいかず30代で未婚だと急に焦り出したり、どうするということになる。

結婚したい人が、運よく結婚できたとして、子供をつくると1年は休むことになる(ここには社会保険と雇用保険の制度が絡んでくるが今は触れない)ここでキャリアをどう選択するか、ということが課題になってくる。1年休み、さらにそのあと時短などで仕事をする時間が減ることによって、これまで通りの働き方は出来なくなるのはすぐに想像がつく。実際にキャリアを諦める女性も多いのは事実だ。またそこまでやる気がない女性も多い。もう出産後はパートでいいや、的な。

結局、子供をつくる年齢がすべてのネックになる。

そう考えるなら、昔のように10代で子供を作るべきだとやっぱり思う。

しかし10代で結婚相手を選べるかといえば、仕事もしていない段階では無理だろう。すぐに離婚することにも繋がりそうだ。

ということは、
結婚と子供を分けて考えれば、解決する。

男は10代で、精子バンクに登録を必須にする。女は気に入った同級生、もしくは親が決めた結婚相手のDNAで子供まずは作る。

中学や高校に「育休」を入れよう。

そして、その子供は、じいちゃんばあちゃんが育てよう。こうなれば、じいちゃんばあちゃんが40代や50代だ。いまの晩婚家庭となんら変わりない。

そして、子供のことはさておいて、自分は恋愛結婚をするなり、人生の共同経営者としての結婚相手を探すなり(見合い的な)、結婚はしないという選択肢も出てくる。

この方法ならそれでも自分の子孫が生まれる。生命の本能であるDNAを残すということが最低限実現できるのだ。

1人の女性に1人か2人の子供が生まれれば、人口ピラミッドではなく、人口柱として、全世代大体同じ人数の国ができる。

男はセックスできないが、VRセックスか、セクサロイドの進化に期待する以外にはない。

One clap, two clap, three clap, forty?

By clapping more or less, you can signal to us which stories really stand out.