弥富市鯏浦町で分譲住宅によさそうな149.73坪の更地が売り出されています #弥富市 #不動産 #土地

弥富市で鯏浦町というのは、電車の駅を取り囲んで北と南に広がっています。
 (弥富市の駅は近鉄名古屋線「近鉄弥富」駅とJR関西線「弥富」駅と名鉄「弥富」駅が近い場所にあり、JRと名鉄は完全に同じ駅、近鉄は徒歩1,2分の場所にあります。)
 つまり、鯏浦町は駅周辺の場所であります。

弥富市の交通事情は列挙すると結構すごい。

国道1号線、155号線、23号線が市内にあり、
 鉄道は近鉄、JR、名鉄それぞれの駅があり、
 東名阪自動車道の弥富インター、伊勢湾岸自動車道の湾岸弥富インターがあります

名古屋駅まで、近鉄急行で約14分、平日昼は20分おきに急行が来て、朝夕はおおよそ10分おきに近鉄急行が来ます。

近鉄弥富駅までは徒歩で9分かかります。

お買い物は近くにマックスバリュー弥富と、ウイングプラザパディが徒歩圏内にあり(徒歩で10分以内)車を使うと、Yストア佐古木、Yストア佐屋、やまひこ、一号館長島、アオキスーパー蟹江、たちや木曽岬店などいろいろあります。

小学校区は弥生小学校。

弥生小学校

私が45年ほど前通っていた?小学校。その頃の校舎は一部しか残っていませんが、ここでした。

中学校は

弥富北中学校

ここも私が40年ほど前に通っていた中学校。

ランチルームという生徒教師が全員集ってご飯を食べる部屋が中心にあります。昔できたばかりの時はいろいろな学校や団体が見学に来ていました。

ランチルーム

交通、買い物、小中学校と紹介してきました。

娯楽、ですが、野鳥公園とか自然に親しむ場所があったりします。

野鳥公園

弥富市周辺は平坦な町なんですね。オランダみたいな。オランダと同じく干拓地が一部ありますし。
 なので、自転車で結構遠くまで行けます。野鳥公園も中学生のころ、自転車で遊びに行きました。(今は市内を回る循環バスがありますから、バスでも行けます)
 自転車が得に便利。
 もっとも、いま電動アシスト自転車がありますから、段差は気にせず自転車が使える時代となりましたので、この平坦というメリットのありがたみは薄れてしまいました。

近隣事例はこれをクリックしてみてください。

yahoo不動産の売買はこちら

athomeの売買はこちら

大体、販売価格坪あたり15万円から20万円のあたりではないかと思います。

今売りだされているのは

公簿面積 495.00㎡(149.73坪)
 所在地 弥富市鯏浦著上六
 地番 127番1
 価格 2695万円
 地目 田(農地)
 住宅を立てる目的ならば、農地法第5条によっての手続きが必要。つまり、農地転用が必要。都市計画区域は市街化区域なので、届け出を行政書士などに作ってもらうか、自分で作って、手続きが必要。費用は買主負担が一般的。なぜなら、買主のために手続きするから。
 建ぺい率60%法定容積率200%
 全面道路が4mで、市街化区域の場合全面道路によって容積率を制限されるので、4×10分の4で10分の16つまり160%に制限される。
 他の法令上の制限 建築基準法22条の制限あり。屋根を不燃材で作らなければならい。茅葺屋根はできない。

契約へのご注意

全面道路におそらく水道はきているが、調査が必要。
 水道の引き込みはないと思われる。確認が必要。
 下水道の時期を確認必要。
 ケーブルテレビが使えるかどうか確認必要。
 水路側の土留めの確認必要。そのままで使えない場合や、法令上の許可がない場合、許可をとり直すひつようがある可能性がある。
 面積は公簿のみなので、分譲する場合は測量図が必要ですし、場合によっては面積売買にする必要があるかもしれない。

分筆をどうするかが、分譲する場合の大きなポイントだと思います。

できれば3つにして、50坪くらいにしたいが、やってみたら結構むつかしい。この物件は500㎡未満なので、(公簿上、実測で500㎡以上なら事件)弥富市との協議は一応必要ないが、通常なら、こういう場合、車が入って、切り返しができるように分筆しなければならない。

切り返しができるように分筆してやると減歩が大きい。
 このあたりを値段に反映させる必要があるかもしれない。

いろいろ書きましたが、鯏浦に大きい土地が出るのは珍しいので検討する価値はあり。

One clap, two clap, three clap, forty?

By clapping more or less, you can signal to us which stories really stand out.