文章の圧縮率
~Less is more~


“I am sorry to have wearied you with so long a letter but I did not have time to write you a short one .”

確率論やパンセで有名なブレーズ・パスカルはこんなことをある手紙の中で言っていたそうです。

美的表現というのは、冗長なものから人の心を打つものを削り出す作業と言えるのかも知れないですね。 そういえばミケランジェロも、絵の具を塗り重ねる絵画よりも、大理石の中に秘められた美を解放する彫刻の方が芸術として優れていると考えていたようです。

絵画もある意味、現実の一部を捨象している意味で、引き算だと思います。ただ、ミケランジェロはその製作過程すら、引き算であるべきだと考えたんですね、きっと。

写真は三次元である世界の奥行き方向の次元を捨象している芸術。音楽はリズムと音階を定めたことでタイミングや周波数を制限した芸術。 俳句は文字数を制限した芸術。

“Less is more” という考え方

日本人の侘び寂びの精神に通じる考え方ですが、シンプルであることがより豊かであるという考え方です。

20世紀のモダニズム建築を代表する、ドイツ出身の建築家ミース・ファン・デル・ローエが提唱したと言われていますが、似たような表現は他の人たちもしていたでしょう。

断捨離という言葉も流行りましたね。

これらの言葉は、芸術とは違って生活に対する価値観の言葉です。

複雑さを身の回りから廃し、人生のコントロールを自分の手元に取り戻すことを旨としているようで、飽食の時代という言葉が頭に浮かびます。

どの時代も、付け加えることよりも減らすことが難しいということでしょうか。


facebookページ / Twitter でのフォローをお願いします。

↓お気に入り・シェアしていただけると嬉しいです

Show your support

Clapping shows how much you appreciated Yusuke Kuroda(黒田 悠介)’s story.