業務不能保険(disability)って知ってる?


業務不能保険(disability)とはアメリカやドイツでは有名な保険商品で、病気や怪我が理由で働けなくなった場合に社会に復帰するまでの間に給付される保険だそうです。従業員としての保障が無いフリーランスにとっては、リスクマネジメントとして検討しておくべきでしょう。

意外と、フリーランスでもこういうリスクマネジメントをあまり気にしない人が多いですが、いざというときのために、知っておくだけでも違うと思うのです。

ある記事でも、フリーランスが公的保障の不足を知らない現状が書かれていました。

フリーランスなどの個人には、企業の従業員が享受している公的保障が不十分であるという問題があります。たとえば、従業員が病気やケガの療養のために就業不能となった際に支給される「傷病手当金」、従業員であれば健康保険で最長1年6ヶ月の間保障されますが、フリーランスには適用されず、自身で備えなくてはなりません。加えて、このような事実を、フリーランスの方の3人に1人が「知らない」という現実もあります。
出典:フリーランスが安心して社会で活躍できる環境づくりを

寝るのも仕事のうち

フリーランスは健康管理も仕事のうち。毎月決まった日にお給料が振り込まれるサラリーマンとは違い、働けなくなったら収入は簡単になくなってしまいます(´・ω・`)

そういった不安定さについては以前の記事でも書きました。

プロブロガーのg.O.R.i(ゴリ)さんも、健康管理の一環として睡眠が重要であると言っています。

会社員時代なら体調を崩して多少休んでも、毎月安定した給与が振り込まれます。しかし、フリーランスになるとそういうわけにはいきません。自分が倒れたら収入はいずれゼロ。プロになるからには絶対成功させたいと思っていましたし、何より体調不良はブログを運営していくうえで死活問題になります。そこでまずは身体を大切にしよう、と自然に体調管理を意識するようになりました
出典:http://fuminners.jp/goldenrule/1371/2/

こうした健康管理をするのは前提として、業務不能保険(disability)のようなセーフティーネットについてもキャッチアップしておきたいですね。

日本ではライフネット生命さんが就業不能保険「働く人への保険」を販売しています。気になる人は覗いてみてください。

働く人への保険

東京海上日動あんしん生命さん(名前長い・・・)や、アクサ生命さんなんかもやってるみたいですね。

Follow me on facebook !!

案件のご相談はfacebookページのメッセージでお受けしています。対応メニューは新規事業立ち上げ、Web心理マーケティング、Webプロデュース、Webディレクション、セミナー講師。

黒田 悠介

Like what you read? Give Yusuke Kuroda(黒田 悠介) a round of applause.

From a quick cheer to a standing ovation, clap to show how much you enjoyed this story.