理解と謙虚:知識の輪郭について

「ある事柄について私は分かっている」という過信は成長を止める。無理解と理解の境界を認識し、知識の輪郭を明らかにすべきだ。

謙虚さが知識の地平を広げ、地平線の先へと好奇心を掻き立てる。

ある事柄の名前を知ることは伝達の手段を手にしただけで理解ではない。名前という小さな知識は視野の外にある大きな智慧に対して人を盲目にする。

手にした知識を捨て、初学者の眼差しで向き合うことで、かえって広い視野を持つことができる。

殊更に深い理解は身体性を伴う。身体をもって実践し獲得した暗黙知は真の理解への漸近を許す。

しかし、それでも他者の視野や暗黙知は理解の淵の向こう側だ。


facebookページ / Twitter をフォローして最新の情報をチェック!

Recommend♡ / Response / Share していただけると力になります。