選ぶことは当たり前になり、選び続けることが大切になった

生き方の選択肢は増えています。増えすぎて戸惑うくらいに。

いろんな人に出会い、見聞きし、自分を理解してその中からなんとか選ぼうと手を伸ばしかけている人もいます。でも、心がその手を引き戻す。

選択は道を狭めているように見える。後戻りができないものに思える。何か重大な決断をしているのではないかという漠然とした気分がその一歩を踏みとどまらせる。

気負うことはありません。選ぶことは当たり前になり、選び続けることが大切になったのです。生まれや育ちよりも選択がその人を形作っていきます。過去におこなった選択よりもこれからの選択を吟味しましょう。所与ではなく選択、過去ではなく未来にあなたの重心を置きましょう。

選んだ道で学び、成長することで、その先でまた新しい選択肢に出くわすことになります。しばらくは選択によって道が狭まったように思えるかもしれませんが、その道は別の地平に続いているものです。

現状維持を否定はしません。現状維持を主体的に選択したのなら、それでいいと思います。しかし、「選択をしない」ことによる現状維持は、選択肢をすり減らしていくことになります。

わたしは、新しい選択肢を提示し続けていきたいと思います。選ぶかどうかは、アナタ次第。


facebookページ / Twitter をフォローして最新の情報をチェック!

Recommend♡ / Response / Share していただけると力になります。

One clap, two clap, three clap, forty?

By clapping more or less, you can signal to us which stories really stand out.