サスペンスとして見るか、SFとして見るか――『エクス・マキナ』

――どちらの立場を取るかで評価が微妙に変わってきそうです。

サスペンスとしてみたら、私の理解するかぎりではほぼ完璧。さまざまな伏線から結末に至るまで、驚愕の、とまではいかないまでも、緻密に構築された脚本の練達の技をじっくりと堪能できます。映像も素晴らしく、あたらしいイメージの創出に成功したロボットのヴィジュアルだけでなく、閉塞感と開放感を巧みに組みあわせてストーリーを際立たせます(しかしよくあんなイメージぴったりの建物見つけたなあ)。こちらの方面で文句をつける人はまずいないのではないでしょうか。

一方SFとしてみると、ちょっとそこどうなってんのよと言いたくなるところもままあります。まあまちがいなく自覚的にオミットしたに違いないのですが、舞台や結末を支える肝になる部分ともかかわるだけに、すこし残念な感は否めませんでした。また人工知能感が少々古い気も。

なにはともあれこの佳作が日本でも無事公開されたことを喜びたいところです。本作が公開されなかったとしたら日本の洋画配給は相当ひどいと言わざるを得なかったでしょう

One clap, two clap, three clap, forty?

By clapping more or less, you can signal to us which stories really stand out.