誤写でもそれなり。

この一月、ボクのおもちゃといえばもっぱらカメラなのである。

これまで、なんの気合いも想いもなく、iPhoneのカメラで記録はし続けてきたが、先日RICOH GRⅡを手にしてからは、なんか写真を撮ることへの気持ちが変わった。

まぁ、一眼レフでもミラーレスでもない、レンズ交換の出来ないコンデジで或るGRⅡではあるけど、サッと出してサッと撮れるポケットシューターとしての出来はかなりのモンだと言える。

一眼レフに魅力を感じないわけではない。むしろいろいろと弄くりたい性癖なんで、この流れで一眼レフを手にするとあっという間にレンズ沼に足を取られ、首が回らなくなるのが目に見えているんで今のところはコンデジレベルで遊ぶのがちょうど良いのである。

そんなGRⅡを常に手元に持ち歩き、街中や食テロようの写真を撮りまくるのだが、たまにワケがわからない物が写ってたりする。

例えば、こんな一枚。

多分よくいくらーめん屋さんのカウンターに置いてある割り箸置きかなんかだと思うンだけど、こんな一枚でもiPhoneで写したモノなら観ても明らかにミスショットと判明するンで、速攻ゴミ箱入りだろうけど、マクロ機能で中央部のみ焦点が当てられて、周囲がボケているとなんかそれなりな気配を漂わせてくるから不思議なモンである...(^^;)ハハハ。

One clap, two clap, three clap, forty?

By clapping more or less, you can signal to us which stories really stand out.