馬場小学校で3Dプリンタと手作り石鹸ワークショップをしてきました。

ウマバ一名物の雲海ジャグジー。このときは雲海出てなかった。残念。

小学校ばっかりで活動してるみたいですが、今回の会場は廃校をリノベしたウマバ一。神山町から西に車で2時間半、徳島県三好市池田町にあります。@momohajimeさんの活動拠点です。

ウマバ一の紹介をしてるときりがないので気になる方はこの前と後のリンク先をどうぞ。Airbnbもやってます。

さて3Dプリンタワークショップです。後半の手作り石鹸ワークショップとの組み合わせて、自分でステンシルを作ってオリジナル石鹸を作ろう、というコンセプトでした。

3Dプリンタはものをプリントするのにとても時間がかかります。午前中にモデリングしたからといって、午後のワークショップに間に合うのは1個か2個がせいぜい。参加者全員にはハナから手が回りません。

参加者のマークは事前にデザインをいただきました。

ということで予めプリントして持っていくことにしました。当日はモデリングの手ほどきをしつつ、午後の手作り石鹸では事前プリントしたステンシルを使います。

ワークショップの参加者も午後の石鹸がメイン。いきなりパソコンでモリモリ作るのはハードルが高そうです。モデリングはゼロからステンシルを作る手順を目の前でデモするだけにとどめました。

3Dプリンタとはどんなものか?
どういったことができるのか?
毎日何に使ってるのか?
使ってみたいと思ったらまずどうしたら良いのか?

などなど知識とキッカケを持って帰ってもらえる内容です。

このあたりは、こないだ書いた「3Dプリンタでなに作ろう?」と被る部分も多いです。Thingiverseでモデル探したりもしました。

自分のワークショップ中の写真を撮り忘れました。後半の手作り石鹸ワークショップの写真を上げておきます。ワークショップ全体の様子は、寺尾さんのブログを読むと雰囲気が伝わってきます。

材料いろいろ
今回は手こね石鹸なので、石鹸ベースを手でこねますss
ビニール袋でこねます。僕は色付けに酸化鉄を使いました。
細い線が出るか心配だったステンシル。無事にカカオパウダーが乗りました。
こちらも似顔絵がきれいに出ました。超似てます。
WSの先生が作ったお手本。ステンシルではなくスタンプでもよかった。
参加者みなさんの成果。ハーブを埋め込んだ石鹸も作れました。

ところで会場のウマバ一はAirbnbをやってます。この日はその一室に泊めていただきました。

小学校リノベなので客室は元教室。黒板には交流ノート代わりに宿泊者の落書きがあります。

ベッドは介護ベッド。

廊下にはとても人懐っこいボーダーコリーが放し飼いになってます。

廊下が遊び場。
校庭のウッドデッキはゲストと一緒に食事したり酒を飲んだりします。奥に見えるのはツリー茶室。

ウマバーは山の上にあって、冒頭の写真のように雲海を見下ろしながら入れるジャグジーも最高ですが、なにより犬と遊べる。これ最高。

仕事の合間にモフれます。