ダイハツエッセ 11年目のリノベーション

92000km走行して車検にやってきたオシャレな軽自動車

エッセのベルトをチェックするカードクター中村

今回入庫してきたのは18年式エッセ。色が珍しいくすんだちょっと暗めの水色。もともとエッセは経済性とおしゃれな雰囲気をコンセプトとして開発された女性向けのクルマだ。ミラよりもデザインや色使いにこだわっている。

開発の際にエクステリアにもインテリアにも共通するキーポイントは、シンプルな家電。つまり、わかりやすく飽きがこないところがカギ。軽自動車の買い替え時期は5万kmという統計を、主婦の近場のチョコチョコっと乗りに換算すると、10年で5万km=1年5000km×10年。だから、10年経っても古さを感じさせないものでないといけないというのがその背景だった。

ダイハツエッセ タイミングベルトを診るためにカバーを外す

車検の事前チェックで整備箇所が思いの外、数多く出てきた・・・・。オイル漏れ・タペット・リアシャシーの遊び・ベルト類劣化・ロアアームブーツなどなど。

フロントのブレーキ周辺・・・
ロアアームブーツやブッシュが傷んでいる ダイハツエッセ
92000km走った下廻りを入念にチェック中のカードクター中村
オイル漏れのチェック ダイハツエッセ
整備後、試運転が終り、絶好調なエンジンに思わず笑みが溢れる、ナカムラ!

これだけ修理箇所がありながらも愛着を感じ、乗り続けるオーナーに期待以上に応えたいし、何よりもやりがいを感じると話すカードクター中村。根っからのマイスター気質が漂っている。

エンジン周辺の整備のためカバーをしている ダイハツエッセ
タペット調整中のヌードティックなダイハツエッセのエンジン

タペット調整のためエンジンが丸裸になっている。これでエンジンも快調なサウンドを響かせることが出来る!

整備後、試運転のとき「アレッ?ダイハツエッセのエンジンってこんなに軽快だったっけ!」と思えるぐらい違ってた。これでお客様も爽快にドライビング出来るだろう!よかった・・・。

粕屋でダイハツ エッセの車検・故障修理でお困りの方で、アクトジャパンのことを更に詳しく知りたい方は ☟

軽自動車の車検・修理の方は

車検・修理・板金塗装のお問い合わせ
・お電話の方は、092–938–2231へ
・ メールの方は、actjapan@gmail.com

粕屋で創業90年、ダイハツ エッセ 軽自動車の車検 故障 修理。オイル漏れ・オーバーヒート・エンスト・エアコン・ブレーキ・ハンドル・オートマの異音・不具合なら、アクトジャパンへ