日本のデザインを楽しむ Japan Unlayeredに行ってきました

バンクーバーのフェアモント・パシフィック・リムホテルで1月27日から2月28日まで開催されているJapan Unlayeredというデザインイベントを見てきました。日本のデザインと文化の展示会です。

ホテルのロビーに入るとすぐに目にはいるのがFloating Tea Roomと称された隈研吾さんデザインのモダンな茶室のインスタレーション。は、入りたい。。。

今回のイベントローンチで発表された嬉しいニュースは、ついにバンクーバーにもMUJIのショップが2件(ロブソンとメトロタウン)この秋オープンするとのこと。なのでガッツリ買い物したい方は秋までお待ち下さい。ちなみに今回のポップアップショップの店員さんはトロントのショップからお見えになったとのことです。

このほかにもコム デ ギャルソンの川久保氏や世界のヨージ・ヤマモトのデザイン展示も。

2階には建築家隈研吾さんのデザインの展示が。紙や木などの自然のエレメントが印象的なデザインが、細かく説明されています。私が気に入ったのは「間」。

ロビーにあるラウンジとRAW Barではミシュラン二つ星レストランの分けとく山のシェフ 野崎洋光氏とパシフィックリムの寿司シェフ、近江孝幸シェフ(数年前お寿司のイベントでご一緒させていただきました)のコラボによるランチ御膳も提供されています。また和菓子と緑茶のセットもあるとか。

さらにGiovaneというホテルのカフェスペースではBEAMS Japanのポップアップショップが。カフェで食事しないのにずんずん入っていっていいのかしら、とちょっと気になりましたが、日本の都道府県のロゴ入りマグやアパレル、和テイストの雑貨が沢山ありました。私はこの麻の葉という我柄が大好きなので、このタオルを見て即買い。ちなみに手ぬぐいよりも若干厚みがあり、細くて長いタオルで、スカーフ(というか、首巻き)にも使えそうでとても気に入っています。

Japan Unlayeredは2月28日まで引き続き開催されます。入場は無料ですのでぜひのぞいてみて下さい。


Originally published at japanese.yukaripeerless.ca on February 4, 2017.

One clap, two clap, three clap, forty?

By clapping more or less, you can signal to us which stories really stand out.