神奈川県湯河原の五所神社と小田原の早咲き桜

神宿る御神木の大楠に哀切を感じ、早咲きの桜を愛でる

SIGMA sd Quattro+18–35mm F1.8 DC HSM

今日は一泊旅行に行っていた両親を迎えに行ったついでに、湯河原の五所神社というところを訪れました。ネットでは「トリプルパワースポット」ということで幕山の幕岩、城願寺とともに”売り出している”様子で、やや狭い駐車場に車を止めて鳥居をくぐると、屹立する大楠のすぐそばに「パワーの窓」なる、観光地でよく見かける写真撮影のアレが置いてありました。それによると、樹齢八百年とされるこの大楠は、

湯河原を開拓した人々が信仰し、昔から御利益があるとされているスポット。五所神社の親神さま天照大神の力を授かった楠木と云われています。
源範頼が戦勝祈願をした楠木。幼木だったこの木に「苦難にも打ち勝ち、互いに成長を誓おう」と声を掛けたとも云われています。あなたも楠木の巨木に触れ、健康・安全・勝利をパワーを授かりましょう!

とのこと。ちなみにこの「パワーの窓」にはしっかりと、”Spiritual Place”、”YUGAWARA トリプル PowerSpot”と英語での説明もありました(えっ、「トリプル」は英語じゃないんじゃぁ……って細かいツッコミは御法度)。

SIGMA sd Quattro+18–35mm F1.8 DC HSM
SIGMA sd Quattro+18–35mm F1.8 DC HSM

神社とかにあるご神木をみだりに触るのはあまり良くないと聞いていたので、看板まで掲げて「ベタベタ触ってくれなんしょ!」と観光客に媚びているところはやや興醒め……というか、欲深い俗人たちにべたべた触られるご神木がちょっと可哀想に思えてきた(^^;)。

SIGMA sd Quattro+18–35mm F1.8 DC HSM

境内に人気はなく、最近の神社参拝の定番、祓詞を唱えてさっくりと参拝終了。いつも通りに撮影をしていると、若者のグループがわいのわいのとやってきました。水が止まっていた手水舎に戸惑っていたようですが、さっそく見つけた「パワーの窓」を前にこれまたわいのわいのと撮影を愉しんでいる様子。

SIGMA sd Quattro+18–35mm F1.8 DC HSM

そういえばここで写真を撮ってシェアするとパワーグッズがもらえる云々みたいなことが書いてあったような……などと思い出していると、若者たちは参拝もせずに帰ってしまったようなのですが、おいおい、果たしてそれでいいのかい(^^;)。

樹齢推定850年とされる大銀杏(SIGMA sd Quattro+18–35mm F1.8 DC HSM)

俗人にベタベタ触られてもどっしりと構えている大楠を哀れに思いながら湯河原を後にし、かまぼこを買いに鈴廣の「かまぼこの里」に立ち寄ると、早咲きの桜がほぼ満開状態でした。

SIGMA sd Quattro+18–35mm F1.8 DC HSM

種類は判らないのですが、河津桜のような鮮やかなピンクではなく、色はソメイヨシノより少しピンク味が強い感じでしょうか。熱海桜?

SIGMA sd Quattro+18–35mm F1.8 DC HSM

このすぐそばを通るロマンスカーの車内から窓際に携帯をかざして桜の写真を撮っている人が見えました。やはり桜を見ると何がなんでも写真を撮ろうとするよねえ……と苦笑しながら自分も鈴廣の土産袋を肘に抱えたままカメラを取りだし、何枚か撮ってきました。

SIGMA sd Quattro+18–35mm F1.8 DC HSM

平日の昼前ということもあってか、外国人らしいカップルが携帯で撮影を愉しんでいるくらいでしたが、青空でなくとも桜は桜。三月にも入っていないのにこれだけの桜を見ることができてちょっと得した気分でした。

SIGMA sd Quattro+18–35mm F1.8 DC HSM
A single golf clap? Or a long standing ovation?

By clapping more or less, you can signal to us which stories really stand out.