やはりもっと他の「何か」に上手く喩えられないだろうかという欲が出てきてしまいます。
自分の仕事を何かに喩えるとどうなるか
だしたま
61

これは面白い問いですね。

川柳や寓話などを研究されると、もっと面白いことが思いつくかもしれませんね。あとは、私はまだあまり興味がないのですが落語とか。

要するに、タイトルや話の内容に表の意味と裏の意味が同時に含まれているとか、冒頭の切り出しに対して最後にオチがあるとか、とんでもない発想に対して説明すると思わず、うむむ、と納得してしまう奇想天外なアイデアを用いるというわけです。正解という名の答えがないのなら、こういったアプローチは読む人を楽しませることができると思います。

なので、正直に言うと申し訳ないのですが、ストーリーにおける医者の喩えは、頭の体操としては目的達成されているのだと思いますが、読者としては内容が平凡すぎて面白みがなかったです。

このお題に対する私の答えはないですが、以前、倉下さんがMediumで企画されたお題に対する、私のストーリーは以下のようになります。面白いかどうかはお任せするとして、何かしらの参考になれば幸いです。