本を読んでる最中に「自分の本」に鉛筆でコメント残すような気軽さ
Mediumではresponseもstoryだから
森哲平
132

私も、これをやるために数日前にmediumに参加した。しかし、日本人ユーザーの動向を見ていると、私が当初考えていたものと何か違うという違和感をすぐに感じ始めた。

ちょうどその時、こちらの記事に出会うことができた。まさに、思っていたことを全て代筆してくれた感じで同意できる。

mediumはブログとは違うので、mediumな世界ではブログの時のような”自分の居場所”というものはないのではないだろうか?もちろん、道具をどう使うかは各自の自由だが。そう言う私自身も、コンテンツ毎のタイムラインを残すために、ブログ的なパブリケーションを作っている。

話を戻すと、レスポンスが少ないと言うことで、日本のmedium上ではそれぞれのストーリーがまだまだつながった状態ではないと思う。コンテンツのネットワークが充実するためにはどうすれば良いのだろう。ただ単に日本人ユーザーがTwitterのように爆発的に増えれば良いのだろうか?