ASMRでリラックスする

(旧タイトル)ASMRとその相性

YouTubeでASMRの動画を探しては見て(聴いて)いる。ヘッドホン越しに脳の中をマッサージされるような、あのゾゾゾッとした感覚がとても心地良いからだ。

そもそも、ASMRに興味が出てきたのは、最近、加齢のせいなのか、自律神経系の不調を感じるようになってきたから。

具体的には、からだが疲れてくると、目と目の奥の方(脳)が痛くなる。頭痛の他にめまいも時々みられる。地震の前の地響きのような圧力波を耳で感じる、などなど・・・。以前は、夕方になると微熱や冷や汗が出たり、日中、急に動悸や息切れが起きたりしていたが、今は落ち着いている。職場では、「男性の更年期障害では?」と冗談半分に話しをしていたものだが、医者からは病気はなく正常範囲内ということで話は決着した。こうなると後は自力で何とかしていくしかないわけで、からだをリラックスさせる方法を色々と試していくことになる。

まず、目の疲れを取るにはどうしたら良いか?

眼科で勧められたのは、仕事や車の運転などで使う度の強い良く見えるメガネと、自宅内で過ごす時に使う度の弱いそこそこ良く見えるメガネをそれぞれ別に揃えるということ。具体的には仕事用は両目で視力1.0以上のメガネ、自宅用は両目で視力0.8程度のメガネを用意した。差がわずか0.2しか違わないが、これは効果があった。自宅に帰ってからの頭痛が軽減したのである。他には、1日4回(朝、昼、夕、就寝前)に目薬を点眼したり、当然のことだが、目が疲れた時は目を閉じることが最も良い。

その他の問題点は耳だった

これで問題解決かと思ったが、からだが疲れた時にどうも神経が落ち着かない。そこで色々試してみると、どうやら耳の中へ入ってくる音に対して、無意識レベルでストレス過剰反応をしているようだということが分かってきた。これは対策として耳栓をするだけで、すぐに効果が出た。寝ている時に中途覚醒が多く困っていたのだが、耳栓をして寝るようになってから軽減されたのである。

分かったことをまとめると

目が疲れた時は、美しい景色や好きなモノを見ても目の疲れは取れない。目が疲れた時は、目を閉じるのが最も良い。

耳が疲れた(正確には神経が落ち着かない)時に耳栓をして閉じると、私の場合は頭の中で残響音のようなものが鳴り続けることがあるので、リラックスできない。例えば、夏の時期は今まで聞こえていたセミの鳴き声(ミーン、ミーン)がエンドレスで聞こえるので余計落ち着かない(これが幻聴なのかは判断が難しい)。逆に、耳が疲れた時は、好きな音を聴いている方が残響音がなくリラックスできる。

ASMRとの出会い

そんなことから、普段は癒し系の音楽を聴いていたのだが、たまたまYouTubeでASMRの動画を知り、たちまち愛好者となった。恐ろしくリラックスできるのである。

本題は、相性である

しかし、ASMR動画を見ているとリラックスできる動画とできない動画がある。配信者が上手い下手というよりも、自分に合っているか合っていないかといった方が感覚的には当たっている。まさに相性問題である。この相性問題というのはASMRに限らず、ありとあらゆるところに存在するのではないだろうか?エステ(まじめなマッサージの方)や整骨院の指圧、病院やクリニックの担当医との相性、仕事の仲間や敵対派閥のスタッフとの相性、知り合いの知りあいといった仲での馬が合う合わないといったことまで、今思うと、自分の場合は相性が良いかどうかで全てを決めていることが分かる。これは人に限らずモノでも同じなのだろう。

相性が良い人(モノ)との出会いは幸せである。実際は、この幸福感が精神をリラックスさせるのであろうか?