「FUJIFILMがフルサイズ一眼を作らない理由」
富士フイルムXシリーズがAPS-Cセンサーの理由(なぜフルサイズではないのか?)
ジェットダイスケ
313

フジ機の立場

とんがってます

フジがXシリーズ出した頃に、ソニーがフルサイズミラーレス機を出しちまったもんだから、フルサイズ信者とオールドレンズマニアは、そちらへ移行してしまいましたね。

当然、フルサイズX信者たちが、フルサイズ機を熱望してるわけですが、XシリーズシステムのレンズがAPS-C専用なんで、引くに引けない立場なんでしょう。価格が高くなっても予めフルサイズ用にレンズは作っておくべきでしたね。

そこで、フジは「フルサイズ、フルサイズってうるせえなぁ。じゃ、出してやるよ、フルサイズを超える中判サイズでな。」という流れでGFXの登場となるわけです。

普段使いはAPS-CのXシリーズで、ガチな画質は中判のGFXでという作戦なんでしょう。私は、Xシリーズ使いとして、そんなフジのとんがった姿勢が大好きです。何しろそこには、ペンタックスのデジタル645かハッセルブラッドにデジタルバックしか選択肢がないからです。

なので、私の財力ではとてもGFXは購入できないので、GFX完成の暁には是非ともジェットダイスケさんの、動画レビューを楽しみにしています。