星空写真に感動するのは最初だけ?

星空写真を撮り始めてまだ数年。

撮っているとなんかね、最初のころは何でもかんでも星空を撮っているけれど、そのうち対象が限られてくる。

夏だったら、さそり座やいて座方向銀河の中心や夏の大三角。

冬だったらオリオン座や冬の大三角。

天体写真だったら天体望遠鏡を使った星雲・星団やDeepSky。

空の暗いところへ行けば、それこそ満天の星が見られる。だけど、星って360°見渡せるところに行けば(そういうところがあればの話だけれど)、いつでも同じものが見られる。ということは代わり映えしないってこと…

どこへ移動しても同じものなんですよ。街明かりとか雲とかスモッグに遮られてというのはあるけれど、同じなんですよ。

星景写真とかだったら地上の景色が変われば違うけど…

山の上では当然キレイに撮れる星空写真、街中で撮れればまた別の感動が生まれる。

でもどこで見ても、どこで撮っても対象は限られている。360°だけしかない。

風景だったら、例えば乗鞍岳山頂から撮った360°の写真と、Qazaqstan(Khazakhstan Қазақстан)の草原から撮った360°写真は違うわけで。さらに銀座で撮ったり、Reykjavíkで撮ったり、Nauruの海岸から撮った360°写真とも違うわけで。

なんか変化を持たせられないかな、と悩む。

いや、生死に関わらないから悩む必要はないんだけどね(笑)

チャオ御岳スノーリゾートから望む北アルプス乗鞍岳

お知らせ

大阪にて星空写真を出展します。今年最後の出展です。

【かさこ塾フェスタ 大阪】

開催日時:2017/10/28(土)10:00~18:00
場所:AAホール 1F,2F
住所:大阪市中央区淡路町3-2-9
交通:地下鉄御堂筋線【淀屋橋】出口11・12番【本町】出口1・2番 徒歩6分
地下鉄堺筋線【北浜】出口6番【堺筋本町】出口17番 徒歩6分
地下鉄中央線【本町】

出展者:69名予定
かさこ無料セミナーほか、様々なセミナー、
ワークショップ、セッション、展示、物販などで
お楽しみいただけます。
セルフマガジン(個人活動紹介冊子)無料コーナーもあり。

詳しくは → http://bit.ly/2wICNb6

facebookやtwitter、Instagramなどやっております。ご興味を持っていただけたら、フォローをお願いいたします。