改造サッカーゲームで対決!

scratchには他の人がつくったゲームがたくさん。作り途中でまだまだ完成度はこれから!なものもあるけれど、とある生徒さんと盛り上がったゲームがこちら。そう、サッカーゲームです。

一番近くのネコだけ操作でき、ボールを蹴って相手のゴールに押し込むだけのシンプルなゲームですが、そのボールの動きがおもしろい。対戦できるのもいい!

ただしばらく遊んでいたら飽きてきて。そうしたら自然と「改造したい」と生徒さん。

・必殺シュート
・キャラの巨大化
・ボールに当たったら相手をふっとばす
・ボールが重くなってなかなか蹴れない

などなど、次から次へと改造アイデアが湧いてきました。

というわけで、お互い1つずつルール改造した状態で対戦しようということになり、先に改造に着手してもらったのですが、今度は改造に夢中になり、サッカーゲームどころではなくなった(笑)。

最終的に雪の結晶がゲーム画面内を動く、それに当たるとねこが倒れるというシステムに……。

……というわけで、プログラミングの授業はこんな感じで進みます。単に遊んでると思ったら学んでる、学んでると思ったら遊んでる。

なかなか見えにくく理解もされにくいのですが、でもプログラミングって本当に面倒ですからね。「おもしろい」という熱中要素がないと大人でも続かないです。無理に取り組ませても「つまらない」「苦痛」ということを学ばせてしまう。

それに子どもって「勉強させられてる」にめちゃくちゃ敏感なんですよ。

もちろん単にダラダラと遊んでも得るところは少ないのですが、これは勉強だと気づくと楽しく感じなくなってしまう=学習効率が落ちる。「勉強のため」と意識しない状態で、なおかつダラダラにならないように。難しいんですけど、そのことを常に意識しています。

********
さて、7月、夏休みも体験授業を開催したいと思っています。あと、自由研究の題材になるようなワークショップもできたらなと。体験授業を受けてみたいという方は、ご遠慮なくお電話にてお申し込みください。090–9340–4202(担当:森)まで。道具や準備は不要です。時間もだいたい合わせられます。