ばあちゃんの幸せレシピ出版イベントスケジュール

ばあちゃんの幸せレシピ」が、木楽舎より1月28日に出版されます。一足先に、イベントで本も購入できますので、ぜひいらしてください!サインする時間があるイベントも多いのですが、サインなどあるはずもなく笑、殴り書きになりそうですがご了承願います。

【1月18日(水)19:30〜21:30@渋谷】

旅する台所研究家・中村優「ばあちゃんの幸せレシピ」
書籍出版記念トーク&ワークショップ

場 所 :loftwork COOOP(渋谷・道玄坂)
参加費 :4,500円(書籍、ワークショップ体験、フード、ワンドリンク付。どこかハラハラする私のライブクッキングが見られます!)
定員 :30名
内容 :「本に出てくるばあちゃんの孫」さとみちゃんとトーク!進行は本の編集を担当してくださった柿原師匠です。
申し込みURL:http://www.opencu.com/2017/01/shiawase-recipe/

【1月20日(金)19:30〜21:30@池袋】

『ばあちゃんの幸せレシピ』刊行記念
中村優さん×畠山千春さん トーク&サイン会

場所:三省堂書店池袋本店(池袋・西武百貨店内)
参加方法:対象書籍いずれか1冊をお買い上げのお客様に参加券を配布
定員:40名
内容:山本梓ちゃんの進行のもと、狩猟女子の畠山千春ちゃんとの対談!「暮らしを作る」って? を中心に、女子会トークします。
詳細URL:http://ikebukuro.books-sanseido.co.jp/events/1964

【1月21日(土)11:30〜14:30@原宿】

『さしすせそ』の酢とみりんのイベント
場所:テーブルカンパニー
参加費:6000円(とっておきの飲食、とっておきのお土産、砂糖のすべてがわかる特別製作ブックレット付き)
定員:25名
内容:米の発酵調味料である「酢と味醂」。お酢ってなんなのか。味醂ってなんなのか。麹とか酵母とか発酵とか熟成とかと言われているものは、いったいなんなのか。文献や取材で得て来たものをもとに、体験していただきつつ、楽しく、美味しく、面白く!の盛りだくさんなイベント。一番ちゃんとご飯つくるので、ちゃんとご飯が食べられます。
詳細URL:https://www.facebook.com/events/1696813983943499/

【1月22日(日)12:30〜14:00@恵比寿】

『ばあちゃんの幸せレシピ』(中村 優 著)刊行記念対談 in COMMON EBISU
場所:COMMON EBISU(恵比寿ガーデンプレイス・グラススクエア広場)
定員:100名 
参加費:2,000円(書籍、1品料理、着席サービス 込み)
内容:恵比寿新聞編集長の高橋賢次さんとの対談!男性の視点からのばあちゃんの話はどんなものになるのか、興味があります。
詳細URL:https://www.facebook.com/events/1223903811037267

【1月23日(月)19:00〜22:00@名古屋】

名古屋のみんな最近何してる? Let’s Catch Up! Talk Session@NAGOYA
場所:カフェ「cafe kinari」
住所:愛知県名古屋市中区大須2–23–34 大須GATEビル3F(地下鉄 鶴舞線「大須観音駅」徒歩3分)
参加者:20〜30人(予定)
参加費:1,000円(おばあちゃんレシピおにぎり!・タイル!!・ワンドリンク付き)
内容:タイルを世界に広める活動をしている玉川幸枝(みぽ)と一緒にトーク。その他、素敵なゲストの方々も話してくれる予定です!
詳細URL:https://www.facebook.com/events/571365373059014

【1月26日(木)19:00〜20:30@有楽町】

『ばあちゃんの幸せレシピ』(中村 優 著)刊行記念対談
「世界のばあちゃんの幸せ哲学に出会う旅」

場所:無印良品有楽町店・OpenMUJI(イベントスペース)
定員:30名
参加費:無料

【1月28日(土)16:00〜18:00@三軒茶屋】

『ばあちゃんの幸せレシピ』出版記念トークイベント
 〜中村優(40creations)×柿原優紀(たらくさ)×岡勇樹(Ubdobe)〜

場所:HALU 〜Unique & Universal〜
住所:東京都世田谷区三軒茶屋1–36–6–203
定員:20名
内容:柿原優紀さんと岡勇樹さんと3人でのトーク。今から裏イベント的な匂いがプンプンします!どんな暴露トークになるのでしょう。
参加費:3000円(ばあちゃんの幸せレシピ1冊+中村優さんお手製の軽食+1Drink付き)
詳細URL:http://halu-shop.com/blog/event/409/

One clap, two clap, three clap, forty?

By clapping more or less, you can signal to us which stories really stand out.