確率生成プラットフォーム「7Chain」 初のミートアップで注目集め!

初のミートアップで注目集め

韓国最大EOSブロックプロデューサーEOSYSと共同ゲーム事業推進を発表
様々なコンテンツがつながるコミュニティウォレット「7Chat」初公開
▲ 7Chainのチョ・ハンギュ共同代表

世界初のユーザー参加基盤の確率生成プラットフォームである「7Chain」(代表ムン・ヨンオ,チョ・ハンギュ)の国内初のミートアップが今月の12日江南シュピゲンホールで開かれた。

先ず、ミートアップの最初の外部招請講演者として、韓国最大のEOSコミュニティである”コリオス”設立者のイ・サンソン理事が乗り出した。イ·サンソン理事はEOSの最新動向とともにゴールドマンサックス報告書を引用、“ブロックチェーンの技術が探索段階を越え、IBM、カカオ、ラインなど大型IT企業で受容する段階に入った”と述べ、ブロックチェーンの技術が新しい転換点を迎えていたことを知らせた。

▲ 韓国最大のEOSコミュニティである”コリオス”設立者のイ・サンソン

続いて、7Chainの哲学と全般的なシステムに対する紹介を引き受けたチョ·ハンギュ代表は”セブンチェインは消費者が確率生成過程に直接参加するため、すべてのコンテンツ供給者と消費者が信頼できる環境を提供する”と強調した。

また、”技術開発に集中するために最高のパートナー企業と一緒にしている”とし、”韓国を代表するブロックプロデューサーであるチェーンパートナーズのイオシス(EOSYS)とゲーム共同事業を推進し、韓国最大のEOSコミュニティKOREOSとEOSエコシステム造成に参加しながら韓国の政府機関と非公開でセキュリティ技術を研究中であるSTEALIENと一緒にしている”ことを明らかにした。

続いてコミュニティ基盤のウォレットサービスである「7Chat」の動画を公開した。「7Chat」は暗号通貨の送受信ウォレット機能やチャット、コミュニティ掲示板を使用する場面が試演された。 また、「7Chat」に連動したゲームを実行し、プラットフォームとしての可能性を披露した。

▲ 7ChainのRNG技術を活用した抽選試演

特に、この日のイベントでは7ChainのRNG技術を用いた景品抽選会が行われ注目を集めた。EOSのメインネットで動作するMVP(最小機能製品)を通じて実際の確率生成過程と結果がブロックチェーンに記録される過程を試演し、多くの期待を集めた。


[7Chain Community]

公式 Twitter: https://twitter.com/7Chain_JP

公式サイト URL: https://7chain.io/

公式 Telegram: https://t.me/sevenchainproject (英語のみ)

Facebook : https://www.facebook.com/7chain

Linkedin : https://www.linkedin.com/company/7chain-project/ (英語のみ)